普段入れない車両基地で体験イベント、親子で楽しむ秩父鉄道フェスタ5/20

趣味・娯楽 その他

SL運転台見学のようす
  • SL運転台見学のようす
  • 臨時直通列車運行のようす
  • 東武鉄道8000系車両
  • ステージイベント
  • 体験イベント
  • 体験イベント
  • コスプレイベント
 秩父鉄道は、通常立ち入ることのできない広瀬川原車両基地を1日開放する「わくわく鉄道フェスタ2017」を5月20日に開催する。東武鉄道保有の8000系車両の展示や、運行30周年を記念したSL特別装飾、体験イベントなど、親子で楽しめる特別イベントだ。

 「わくわく鉄道フェスタ」は、今年で13回目を迎える秩父鉄道のイベント。小さな子どもから大人まで、ともに楽しみながら秩父鉄道に親しんでもらうことを目的として行われており、毎年多くの人で賑わうイベントとなっている。

 今年は、2年連続で東武鉄道の協力を得て東武鉄道保有の「8000系車両」を展示。ほかにも、幸せの黄色い機関車502号、運行30周年記念の特別装飾を施した「SLパレオエクスプレス」など、多くの車両を展示する。SLは運転台の見学もできる。

 また、今年は体験イベントとして3つの新企画を実施する。列車の運転台で運転模擬体験ができる「運転台操作体験」と、普段入ることができない検修庫内でジャズ演奏が楽しめる「検修庫内ジャズ演奏」は事前にWeb予約が必要。運転台操作体験は小学生限定となっている。また、コスプレをしたまま会場内で記念撮影を楽しめる企画も新たに実施。こちらは当日受付で参加できる。

 そのほか、多くの体験イベントや、鉄道ものまね芸人・立川真司さんのライブステージ、埼玉県ご当地ヒーローズ・ヒーローショーなどのステージイベント、イベント限定品の発売やブース出展など家族で楽しめるプログラムが満載の1日となっている。

 なお、当日は臨時直通列車を運行。イベント会場には駐車場がないため電車での来場を呼びかけている。来場者先着3,000名には記念品としてトートバックのプレゼントも用意されている。

◆秩父鉄道 わくわく鉄道フェスタ2017
日時:2017年5月20日(土)10:00~15:00
会場:秩父鉄道 広瀬川原車両基地
入場料:無料
申込方法:事前予約が必要なプログラムのみ、秩父鉄道Webサイトから申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)