【大学受験】河合塾、H29年度国公立大学一般入試の最高点・最低点・平均点

教育・受験 高校生

2017年度国公立大一般入試 合格者統計一覧(東京大学)
  • 2017年度国公立大一般入試 合格者統計一覧(東京大学)
  • 2017年度国公立大一般入試 合格者統計一覧(大阪大学・一部)
  • 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」
 河合塾は6月14日、「2017年度国公立大一般入試 合格者統計一覧」を公開した。国公立大学一般入試合格者の最高点・最低点・平均点を大学別に掲載。河合塾提供の大学入試情報サイト「Kei-Net」で閲覧できる。

 文部科学省が2月15日に公表した国公立大学入学者選抜の確定志願状況によると、2017年度(平成29年度)は募集人員10万372人に対し、確定志願者数が47万786人。確定倍率は4.7倍となった。

 河合塾の「国公立大 一般入試合格者統計一覧」では、合格者の最高点・最低点・平均点を各大学の試験ごとにまとめている。たとえば、東京大学は、文科一類(総合)が配点550点、最高点454.6889点、最低点354.5778点、平均点381.4095点。理科三類(第一段階選抜)が配点900点、最高点891点、最低点695点、平均点796.89点、理科三類(総合)が配点550点、最高点482.0889点、最低点407.7111点、平均点432.9307点。

 大阪大学は、医学部医学科(総合)が配点1,100点、最高点945点、最低点835.3点、平均点873.78点、歯学部歯学科(総合)が配点1,250点、最高点1059.7点、最低点818.7点、平均点869.14点。

 Kei-Netでは過去の入試結果データとして、2015年度~2017年度の3年分の「合格者の最高点・最低点・平均点」をまとめているほか、大学別の入試結果(志願者数、受験者数、合格者数、倍率)や、2017年度入試を振り返る分析記事、推薦・AO入試結果(志願者数・受験者数・合格者数)なども掲載。

 なお、「2017年度国公立大一般入試 合格者統計一覧」には京都大学の記載はないが、河合塾提供の「京大塾」にて2017年度入試における京都大学合格者の最高点や最低点を公開している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)