【高校受験2018】奈良県立高校入試、入学者選抜概要を公開…一般学力検査3/12

教育・受験 中学生

 奈良県教育委員会は7月12日、平成30年度(2018年度)県立高等学校入学者選抜概要をWebサイトに公開した。特色選抜の学力検査および学校独自検査などは2月20日・21日に実施。一般選抜の学力検査は3月12日、合格発表は3月16日に行う。

 奈良県立高校33校のうち、全日制課程の募集を行うのは32校、定時制課程は4校、通信制課程は1校募集を行う。全日制の専門学科、総合学科、普通科の一部のコースでは特色選抜を実施。特色選抜では、奈良県教育委員会が作成する国語、社会、数学、理科、英語の5教科の中から各高校が原則3教科を選択して行う学力検査に加え、学校独自検査、面接、実技検査の3種類のうち1つ以上を選択して実施。各検査の合計点と調査書成績により合否判定を行う。

 一般選抜では、5教科各50点満点の学力検査を実施。高校が学力検査の合計点に加重配点する場合や、点数化は行わないが選抜の参考とするため面接を行う高校もある。特色選抜および一般選抜で合格者が定員に満たない学科コースは、二次募集を行い、学力検査を3月23日に実施する。

 Webサイトでは、特色選抜および一般選抜を実施する各高校・学科コースについて、募集人員と実施検査の内容・配点などを一覧にして掲載している。奈良高校や畝傍高校は特色選抜は行わず、一般選抜のみ実施。学力検査成績250点満点、調査書成績135点満点で合否を判定する。なお、連携型中高一貫教育校の県立十津川高校の募集は特色検査と同時期に実施。

 入学者選抜概要はWebサイトで確認できるほか、ダウンロードも可能。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)