三浦大輔「おじさんは何やっている人なの?」無邪気な児童にタジタジ

趣味・娯楽 未就学児

横浜DeNAベイスターズ野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」の発表記者会見に参加した三浦大輔氏(2017年7月20日)
  • 横浜DeNAベイスターズ野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」の発表記者会見に参加した三浦大輔氏(2017年7月20日)
  • 横浜DeNAベイスターズ野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」の発表記者会見(2017年7月20日)
  • 横浜DeNAベイスターズ野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」の発表記者会見(2017年7月20日)
  • 横浜DeNAベイスターズ野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」の発表記者会見(2017年7月20日)
  • 横浜DeNAベイスターズ野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」の発表記者会見(2017年7月20日)
  • 横浜DeNAベイスターズ野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」の発表記者会見(2017年7月20日)
“ハマの番長”の愛称でおなじみの元プロ野球選手・三浦大輔氏が7月20日、横浜スタジアム内で行われた横浜DeNAベイスターズ野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」の発表記者会見に参加した。

「やきゅうみらいアクション」とは、子どもたちに野球の面白さを知ってもらい、競技人口を増やすことで野球界の発展をめざすというもの。その中で「BTボール」という新競技を考案。球団独自に「ティーボール」のルールを一部改正し、幼稚園、保育園児にもより楽しんでもらえるように工夫している。

実際、横浜スタジアムで幼稚園、保育園児によるエキシビジョンマッチが行われ、三浦氏も審判として参加した。



無邪気な児童に圧倒される場面もあり、大いに楽しんでいた三浦氏。しかし、児童に「おじさんは何やっている人なの?」と言われる場面もあり、これにはさすがに苦笑い。昨年いっぱいで引退した元プロ野球選手であることを説明すると、児童たちも驚きの様子を見せていた。

一方で大人気だったのがDB.スターマン。



常に児童たちに囲まれ、試合前には「DB.スターマンに仲間になってほしい」と願う各チームの児童たちによる取り合いにもなる事態に。

児童たちの前では、絶大な人気を誇ったハマの番長よりも、球団のマスコットキャラクターに分があったようだ。

ハマの番長・三浦大輔、無邪気な児童たちを前にタジタジ…!?

《北川雄太@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)