【読者プレゼント】CANVAS石戸奈々子氏監修「図解 プログラミング教育がよくわかる本」<応募締切8/18>

教育ICT 保護者

 CANVAS理事長の石戸奈々子氏が監修した「図解 プログラミング教育がよくわかる本」が、講談社より7月28日に発売された。この本をリセマム読者3名にプレゼントする。応募締切は8月18日。

 プログラミング教育に注目が集まっていることを受け、都市部を中心にプログラミングを扱う民間教室が急増している。インターネットの普及とともにテクノロジーの重要度が増し、プログラミングが子どもたちにとっても、「読み書きそろばん」と同じくらい重要になってきているという。

 7月28日に発売された「図解 プログラミング教育がよくわかる本」は、はじめてプログラミング教育と向き合うときに役立つ一冊。家庭でプログラミング教育を実践するときのコツや、民間教室を活用する方法、学校現場への導入のポイントなどを、実例もまじえながら広く解説している。

 内容は「プログラミング教育とはなにか」「家庭で遊びながら学べるもの」「小学校での実践がはじまっている」「なぜいま子どもたちに必要なのか」「プログラミング教育の効果とは」の全5章で構成。やさしいタッチのイラストや写真が多用され、子育て中の保護者から、これから導入を考えている小学校の先生、プログラミング教育に関わっている教育関係者など、さまざまな人が活用できる本となっている。

 本の監修は、CANVAS理事長の石戸奈々子氏。総務省と文部科学省でプログラミング教育関連の委員を務め、慶應義塾大学准教授などを兼務。専門は子どもたちへのデジタル教育で、子どものプログラミング教育に詳しい。

 石戸氏が理事長を務めるCANVASは、子ども向けの創造・表現活動を推進するNPO法人。産官学連携をしながら創造的な学びの場を提供し、開催したワークショップは3,000回。今までに約35万人の子どもたちが参加したという。幼児や小・中学生向けのプログラミング講座も多数展開している。

◆「図解 プログラミング教育がよくわかる本」
出版社:講談社
監修:石戸奈々子
価格:1,300円(税別)
仕様:ソフトカバー/100ページ
シリーズ:健康ライブラリー
--
 リセマムでは、講談社「図解 プログラミング教育がよくわかる本」を抽選のうえ3名さまにプレゼント。「リセマム BASIC MEMBERS」にログイン後、本記事記載の応募方法詳細をご覧いただき、アンケートに必要項目をご記入のうえ2017年8月18日(金)までにご応募ください。当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

 「リセマム BASIC MEMBERS」(無料)にご登録いただくと、教育・子育て最新情報が満載のメールマガジン「ReseMom トピックス」や会員限定コンテンツなどをご利用いただけます。

◆メールマガジン「ReseMom トピックス」
 教育情報サイト「リセマム」のニュースを中心に、火曜日より土曜日まで毎朝8時(予定)に注目の話題をお届けします。受験、教育イベント、教育ICT、生活情報を中心に、おもに高校生までのお子さまに役立つ情報を発信してまいります。会員限定プレゼントもご用意しますので、ご期待ください。

《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)