10代女子、テレビは「ながら見」…動画はほぼ全員がYouTube利用

生活・健康 中学生

 GMOメディアが運営する10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ」が行った「10代女子の動画・テレビの視聴に関する調査」によると、オンライン動画を視聴するほぼ全員が「スマホ」で「YouTube」を利用していることなどが明らかとなった。

 「10代女子の動画・テレビの視聴に関する調査」は、8月11日から18日に、10代の女子を対象としたインターネットアンケートを実施。有効回答数は1,053名。

 10代女子に「オンライン動画・テレビの視聴頻度」を聞いたところ、双方ともに「ほとんど毎日」(オンライン動画67.7%、テレビ83.5%)という回答が大多数を占め、日常的に「オンライン動画」や「テレビ」を視聴していること、特に「テレビ」については、8割以上がほぼ毎日視聴しているということが判明した。

 次に、「オンライン動画を視聴する」利用実態について詳しく尋ねたところ、「視聴するデバイス」は、「スマホ」が91.3%、「利用するオンライン動画サービス」については、「YouTube」が98.9%という結果となり、オンライン動画を視聴するほぼ全員が「スマホ」で「YouTube」を利用していることなどが明らかとなった。特に、利用ジャンルとして「音楽(公式のPVやライブ動画)」が76.1%、「音楽(一般人が投稿した動画)」が46.2%と、「音楽」ジャンルに回答が集まった。

 また、「テレビを視聴するシチュエーション」を尋ねたところ、「食事をしながら」が84.8%、「(リビングなどで)家族と話をしながら」が66.4%、「SNSやLINEなどで誰かとコミュニケーションを取りながら」が55.2%と、一般的にテレビを「ながら見」しているということがうかがえる結果となった。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)