ジャパンタイムズ英字記事、2017年度大学入試106校で採用

教育・受験 高校生

The Japan Times
  • The Japan Times
  • The Japan Times ST
  • The Japan Times On Sunday
  • ジャパンタイムズ120周年特製ノート
 ジャパンタイムズは9月5日、2017年度大学入試で使用された英字記事の採用校数と問題数を発表した。2017年度は106校207問(2017年8月3日時点)で採用。国公私立大の英文学科だけでなく、さまざまな学部・学科で採用されている。

 ジャパンタイムズによると、2017年度大学入試でジャパンタイムズの英字記事を採用した大学は2017年8月3日時点で106校207問。2016年度と比べると、採用校数は119校から13校減ったものの、問題数は167問から40問増えていることがわかった。採用実績は、「The Japan Times」「The Japan Times ST」「The Japan Times On Sunday」の3紙。

 英字記事は国公私立大学の英文学科だけでなく、さまざまな学部・学科で採用されており、国際問題や日常のニュースを題材にした長文読解のほか、時事問題の背景知識も問われるケースも増えているという。もっとも多く採用されているのは社説だが、いろいろな国籍のライターが週替わりで執筆するThe Japan Times STのエッセーも多く使われていた。

 ジャパンタイムズは、9月30日までにThe Japan Times STの購読を特設Webサイトより申し込んだ人の中から抽選で50名に非売品のジャパンタイムズ120周年特製ノートをプレゼントするキャンペーンを実施している。キャンペーンの詳細は、特設Webサイトで確認できる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)