連覇ねらう明治大VS法政大、大学サッカー夏の全国大会…優勝は?

教育・受験 大学生

総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント、法政大学が4度目の優勝
  • 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント、法政大学が4度目の優勝
大学サッカーの夏の全国大会「2017年度第41回総理大臣杯 全日本大学サッカートーナメント」決勝戦が9月10日(日)に行われ、法政大学が35年ぶり4度目の優勝を果たした。

「総理大臣杯 全日本大学サッカートーナメント」は、全国9地域の代表である24大学が参加して行われた。準決勝までに関東以外の地域の大学がすべて敗退し、筑波大学、法政大学、流通経済大学、明治大学がベスト4に進出。ヤンマースタジアム長居で行われた決勝戦には、3年ぶりの決勝進出となった法政大学と、連覇を狙う明治大学が勝ち進んだ。

慎重な立ち上がりとなった前半、主導権は中盤で激しいプレスをかける明治大学が握る展開となった。明治大学は16分、左サイドの佐藤亮が左足首を痛めて負傷交代。攻撃の起点を序盤に失う形となったが、試合は明治大学のペースで進んだ。防戦一方となった法政大学は、守備陣が奮闘。0-0で前半が終了した。

後半も明治大学ペースでのスタートになったが、法政大学は57分、松澤彰に代えてFWのディサロ燦シルヴァーノを投入。試合の流れを変えた。明治大学は土居柊太に代えて小柏剛を投入すると、前線をスピードアップ。両チーム、早い展開でチャンスを作る流れとなった。

67分、ヘディングでの競り合いでボールを奪ったディサロが、左からゴール前に入ってきた上田綺世へとボールを落とし、上田がミドルシュートを放ち、法政大学が先制点を奪った。追う立場となった明治大学は猛攻撃を見せたが、法政大学がしのぎきり、優勝を手にした。

総理大臣杯 全日本大学サッカートーナメント、法政大学が4度目の優勝

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)