ディズニー絵本など50コンテンツ搭載、セガトイズ「Dream Switch」

趣味・娯楽 未就学児

 セガトイズは11月9日、寝室の天井に動く絵本を映しだすプロジェクター「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch(ドリームスイッチ)」を発売する。ディズニーゴールド絵本30冊分の物語を内蔵。販売店舗は後日発表予定。価格は1台14,800円(税別)。

 「Dream Switch」は、電気を消して暗くした寝室に寝そべり、スキンシップを取りながら親子で絵本を楽しめるプロジェクター。「ピーター・パン」などおなじみの名作から「アナと雪の女王」など近年ヒット作品まで、講談社のディズニーゴールド絵本シリーズ30冊分の物語を“動く絵本”化して搭載している。

 絵本のほか、ディズニーの星座や、ひつじ数えなどのエンターテイメントコンテンツ、「あいうえお」やアルファベットを学べる知育コンテンツも含め、合計50種類のコンテンツを搭載。11月9日から、店舗を限定し販売する予定。

 発売に先駆け、セガトイズは抽選で20組の親子に「Dream Switch」を貸し出す先行モニターキャンペーンを実施中。詳細はセガトイズの「Dream Switch」Webサイトで確認すること。対象は3~8歳の子どもを持つ日本国内在住の者。応募締切は10月19日午後11時59分。

(c) Disney
(c) Disney. Based on the"Winnie the Pooh"works by A.A.Milne and E.H.Shepard.
(c) Disney/Pixar
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)