エプソンプロジェクター、落下のおそれによる無償点検実施

 セイコーエプソンとエプソン販売は2021年1月22日、「エプソンプロジェクターの落下のおそれによる無償点検のお知らせ」を発表。対象機種は、1994年以降に製造された全413機種のうち300機種。

生活・健康 その他
プロジェクターの落下が想定される環境例(キッチン・ダイニング・リビング)
  • プロジェクターの落下が想定される環境例(キッチン・ダイニング・リビング)
 セイコーエプソンとエプソン販売は2021年1月22日、「エプソンプロジェクターの落下のおそれによる無償点検のお知らせ」を発表。対象機種は、1994年以降に製造された全413機種のうち300機種。無償点検に関する問合せおよび申込みは、電話またはインターネットにて受け付けている。

 セイコーエプソンが製造し、エプソン販売が販売したプロジェクター(以下「エプソンプロジェクター」)の一部において、油や煙の多い場所などで天吊り設置・壁掛け設置・ボードスタンド設置にて使用の場合、ケース破損により金具からプロジェクターが落下する可能性があるという。

リシードで全文を読む
《桑田あや》

【注目の記事】

特集

page top