全国500か所「科学道100冊ジュニア」フェア…理研・編集工学研究所

教育イベント 小学生

 理化学研究所(理研)と編集工学研究所は、2017年10月上旬から2018年3月末まで、科学を楽しむブックフェア「科学道100冊ジュニア」を開催する。書籍を通じて科学者の生き方・考え方を紹介し、子どもたちに科学のおもしろさ・素晴らしさに気付いてもらうことが目的。全国500か所の書店や公共図書館で開催する。

 子どもの本離れや科学離れが社会で大きな課題とされている。学校現場などにおいてさまざまな工夫をしながら、子どもの本離れ、科学離れを防ごうという取り組みがおこなわれている。

 「科学道100冊」は、未知に挑戦しながら未来を切り開いていく科学者の姿勢や方法に着目し、すべての人の生きるヒントとなる本との出会いを目指したもの。理研創立100周年の2017年春にスタートした「科学道100冊」フェアは、全国400か所を超える書店・図書館・教育機関で展開された。今回の「科学道100冊ジュニア」は、フェアの第2弾として、子どもに向けて厳選した100冊の書籍を紹介する。

 「科学道100冊ジュニア」は、書籍を通じて科学者の生き方・考え方を紹介し、子どもたちに科学の面白さ・素晴らしさに気付いてもらうのが目的。「不思議がいっぱい」「ひろがる未来」など6つのステップとして取り出して、100冊を選書している。身の回りの疑問から始まって、好奇心のままに探索し、試行錯誤の実験を経て、イメージを形にしながら未来を切り開いていくプロセスは、科学だけでなく、あらゆる生きる力に応用できるという。

◆科学を楽しむブックフェア「科学道100冊ジュニア」
開催期間:平成29年10月上旬~平成30年3月末まで
開催場所:紀伊國屋書店新宿本店、代官山蔦屋書店、三省堂書店神保町本店をはじめとする全国の書店や公共図書館、合計約500か所
選書テーマ:科学道100冊は科学者たちのものの見方や考え方に注目し、そのプロセスを6つのステップとして取り出して、100冊を選書。
【6つのステップ】
STEP 1.不思議がいっぱい…世界の入り口15冊
STEP 2.とことん集める …好奇心を追いかける20冊
STEP 3.世界のヒミツ …自然のヒミツに出会う15冊
STEP 4.ふみだせ冒険 …まだ見ぬ世界にふみだす20冊
STEP 5.まほうの発明 …科学のまほうに出会う15冊
STEP 6.ひろがる未来 …未来に思いをはせる15冊
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)