ユーキャン新語・流行語大賞2017、ハンドスピナーなど30語ノミネート

趣味・娯楽 その他

「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」 ノミネート語1~10
  • 「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」 ノミネート語1~10
  • 「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」 ノミネート語11~30
 2017年11月9日、今年話題になったことばを表彰する「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」の候補が発表された。「アウフヘーベン」「うんこ漢字ドリル」「ハンドスピナー」「ワンオペ育児」など、30語がノミネートされている。

 新語・流行語大賞」は、その年に発生したさまざまな「ことば」のなかで、「軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語」を選出するもの。1984年の創始以来、その年の「ことば」に深くかかわった人物や団体を顕彰してきた。

 新語・流行語は、自由国民社「現代用語の基礎知識」収録の用語をベースに、自由国民社および大賞事務局がノミネート語を選出。ノミネート語から、選考委員会による審査を経て、トップテンと年間大賞語が選ばれる。選考委員会は、姜尚中(東京大学名誉教授)、俵万智(歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、清水均(「現代用語の基礎知識」編集部長)。

 「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」トップ10と年間大賞の発表は12月1日午後5時。なお、授賞語は、ことばのニュアンスの違いからノミネート時と表記が異なる場合がある。

 2017年の新語・流行語大賞ノミネート語は、Instagramに投稿した際に見栄えが良いことを表す「インスタ映え」、Amazon EchoやGoogle Homeで話題の「AIスピーカー」、東洋大の桐生祥秀選手が打ち立てた陸上100メートルの記録「9.98(10秒の壁)」、子どもにも人気の芸人・サンシャイン池崎の看板フレーズ「空前絶後の」、同じく芸人のブルゾンちえみ with Bのネタに登場するキメ台詞「35億」、海外発「ハンドスピナー」、動物キャラクターが登場するアニメ「けものフレンズ」など、全30語。ノミネート語はすべて、「新語・流行語大賞」のWebサイトで確認できる。

◆2017 ユーキャン新語・流行語大賞
ノミネート30語
※五十音順
アウフヘーベン
インスタ映え
うつヌケ
うんこ漢字ドリル
炎上○○
AIスピーカー
9.98(10秒の壁)
共謀罪
GINZA SIX
空前絶後の
けものフレンズ
35億
Jアラート
人生100年時代
睡眠負債
線状降水帯
忖度(そんたく)
ちーがーうーだーろー!
刀剣乱舞
働き方改革
ハンドスピナー
ひふみん
フェイクニュース
藤井フィーバー
プレミアムフライデー
ポスト真実
魔の2回生
○○ファースト
ユーチューバー
ワンオペ育児
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)