【高校受験2018】大阪府公立高、募集人員発表…茨木など8校が文理学科へ一本化

教育・受験 中学生

 大阪府教育庁は平成29年11月17日、平成30年度(2018年度)大阪府公立高校の募集人員を発表した。全日制課程などの募集人員は、前年度比1,795人減の4万3,190人。茨木など8校は、普通科の募集を停止し、文理学科に一本化する。

 平成30年度の大阪府公立高校の昼間(全日制、多部制単位制1・2部および昼夜間単位制の一部)の募集人員は、他府県などからの進学者を含めて4万3,190人。大阪府内の私立高校の募集人員2万5,063人と合わせて、府内進学予定者数6万4,680人を上回ることが確認されている。

 募集学級数は、前年度(平成29年度)比45学級減の1,080学級。このうち、普通科では92学級3,680人の減少。学校別では、旭、清水谷、港、阿倍野、東住吉、池田、茨木西、北千里、高槻北、阿武野、寝屋川、西寝屋川、枚方、長尾、香里丘、布施、柏原東、河南、長野北、藤井寺、狭山、登美丘、金岡、東百舌鳥、泉大津、信太、和泉、日根野、センター附属の29校が1学級減。

 普通科と文理学科を併設していた茨木大手前高津豊中四條畷生野三国丘岸和田の8校は、普通科の募集を停止するとともに文理学科を学級増とし、文理学科に一本化する。

 府内の文理学科は計10校。すでに文理学科のみで募集している北野、天王寺を含め、10校すべてがオール文理学科の高校となる。平成30年度の募集は、北野、三国丘、岸和田が8学級320人、大手前、高津、天王寺、豊中、茨木、四條畷、生野が9学級360人。

 このほか、西淀川と北淀を統合して総合学科(エンパワメントスクール)に改編し、淀川清流として開校。泉尾と大正を統合して総合学科に改編し、大正白稜として開校する。

 和泉総合は、総合学科(クリエイティブスクール)を総合学科(エンパワメントスクール)に改編し、募集人員を変更。成美は普通科総合選択制を総合学科に改編する。能勢は、豊中の分校となり、募集人員が10人減となる。

 平成30年度大阪府公立高校一般入学者選抜の日程は、出願受付を平成30年3月2日(金)、5日(月)、6日(火)、学力検査を3月12日(月)、合格発表を3月20日(火)に行う。各学校の募集人員などは、大阪府のWebサイトから確認できる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)