地元・学校の魅力をプレゼンしよう、朝日小学生新聞・WDLCコンテスト

 朝日小学生新聞とWDLCは、未来を担う子どもたちにプレゼンテーションの大切さや方法を学ぶ機会を提供することを目的に「あなたの学校・地元の魅力を広げる!アイデアプレゼンコンテスト」を開催。2018年1月15日まで子どもたちの自由な発想によるプレゼン作品を募集する。

教育イベント 小学生
 朝日小学生新聞とWDLC(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム)は、未来を担う子どもたちにプレゼンテーションの大切さや方法を学ぶ機会を提供することを目的に「あなたの学校・地元の魅力を広げる!アイデアプレゼンコンテスト」を開催する。2018年1月15日まで子どもたちの自由な発想によるプレゼン作品を募集する。

 「未来を担う小学生にもプレゼンテーションにチャレンジしてもらい、コミュニケーション能力・自己表現力を伸ばしてほしい」との思いから開催するアイデアプレゼンコンテストでは、自分たちの学校や地元の未来を明るく楽しくするアイデアをテーマに、パワーポイント資料を使ったプレゼンテーションの能力を競う作品を募集する。

 テーマは「わたしたちの学校」「わたしたちの住んでいる地元」の2つ。うちいずれか1つのテーマに関するプレゼンテーション資料を作成し、応募する。応募対象は小学生で、個人または4人までのグループでの応募が可能。プレゼンテーション資料の作成にはマイクロソフトのパワーポイントを使用し、表紙を含め5枚以内にまとめることが条件。

 応募締切は2018年1月15日。Webサイトから作品をアップロードするか、プリントアウトした資料またはCD-Rを郵送して応募する。応募作品の中から、最終審査会で選ばれた5作品の制作者を2月3日に日本マイクロソフトの本社に招待。専門家の指導のもと最新のパソコンで改良するワークショップを実施後、完成した作品をプレゼンテーションし、最優秀賞など各賞を決定する。

 作品はオリジナルのスライドはもちろん、「楽しもうOffice」内にあるパワーポイント・テンプレートの使用も可能だという。小学生の自由な発想でアイデアや思いを伝えるプレゼン作品を広く募集している。

◆あなたの学校・地元の魅力を広げる!アイデアプレゼンコンテスト
応募資格:小学生(個人または4人までのグループ) 
作品ルール:マイクロソフト パワーポイントを使用して作成、表紙含め5枚以内、5MB以内
応募方法:Webサイトからアップロードする、またはプリントアウトした資料、CD-Rを郵送する
応募締切:2018年1月15日(月)必着
賞:2018年2月3日(土)に最終審査で選ばれた5作品のプレゼンテーション大会を開催。各賞を決定する
・最優秀賞1作品:賞状、盾、副賞(図書カード10万円)
・優秀賞4作品:賞状、盾、副賞(図書カード5万円)
・団体賞3団体:賞状、副賞(図書カード5万円)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)