都教委、15歳以上の教育モニター100名2/1より募集

教育・受験 その他

 東京都教育委員会は、都民の教育行政についての意見・要望などを聴取し、事業運営の参考にするため、平成30年度(2018年度)東京都教育モニターを募集する。募集人員は100名、募集期間は平成30年2月1日~2月28日午後5時まで。

 東京都教育モニターは、「都内に居住する満15歳以上(平成30年4月1日現在)であること」「教育モニターの業務を日本語でできること」「教育に関心があり、教育モニターの職務を積極的に行うことができる」などの応募資格を満たす者が対象。ただし、国会および地方議会議員、常勤の国家公務員および地方公務員、並びに平成29年度に東京都教育モニターを経験した者は対象外。詳細は東京都教育委員会Webサイトにて確認できる。

 おもな業務は、都立学校授業参観、小中学校道徳授業地区公開講座の参観、教育の日推進事業への参加、インターネットによるアンケートへの回答(年3回程度)など。任期は、委嘱の日(平成30年4月下旬の予定)から平成31年3月31日まで。授業参観などに要する交通費、使用する機器類に係る費用やインターネット接続に係る費用などはモニターの自己負担となる。また、業務によっては遂行実績により謝礼として図書カードが進呈される。

 応募は、2月1日から東京都教育委員会Webサイトの応募専用フォームにて受け付ける。必要事項記入のほか、「教育について私が考えること」(200字程度)をテーマとした作文の提出が必要。応募者の中から年齢・性別・職業などの構成を考慮し、応募時に提出する作文を参考に選考する。定員は100名。締切りは2月28日午後5時まで。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)