【春休み2018】プロから学ぶ職業体験、おしごとなりきり道場inみなとみらい3/21

 夢らくざプロジェクトは、2018年3月21日に横浜ワールドポーターズにて、未就学児から小学生までの子どもを対象とした職業体験イベント「おしごとなりきり道場 in みなとみらい」を開催する。

教育イベント 未就学児
おしごとなりきり道場 in みなとみらい
  • おしごとなりきり道場 in みなとみらい
  • 夢らくざプロジェクト おしごとなりきり道場
  • 夢らくざプロジェクト
 夢らくざプロジェクトは、2018年3月21日に横浜ワールドポーターズにて、未就学児から小学生までの子どもを対象とした職業体験イベント「おしごとなりきり道場 in みなとみらい」を開催する。参加費は各回500円。申込みはWebサイト内の専用フォームにて受け付けている。

 「おしごとなりきり道場 in みなとみらい」は、さまざまな職業をワークショップやロールプレイングを通して体験することができる職業体験イベント。これまで、東京、神奈川、千葉を中心に開催し、毎回延べ500名近くの子どもが参加している。横浜での開催は3年ぶり。

 体験できる職業は、全部で13種類。今回、新しく登場する「航海士」のほか、気象予報士、建築士、ファッションデザイナー、ネイリスト、マジシャンなどの職業の中から興味や好みに合った仕事を体験できる。それぞれの仕事を教える講師は、その仕事で実際に活躍するプロフェッショナルが担う。

 当日は、子どもの学年に応じて「初級」「中級」「上級」とステップを踏んで参加することも可能。興味を持った仕事を段階的に体験することで、継続的に成長を感じることができるという。未就学児向けには、仕事を始める前の基本的な体験ができる「プレおしごと道場」も用意している。

 夢らくざプロジェクトは、「将来に『夢』と『希望』をもつ子どもたちに、仕事の魅力を伝え、気づきやきっかけを与えることで、未来に向けた『夢★デザイン』を応援します」とコメントしている。

 対象は、未就学児から小学生までの子ども。参加費は各回500円。申込みは、夢らくざプロジェクトWebサイト内の専用フォームにて受け付けている。イベントは時間で区切られており、定員は各回とも先着12名。2月28日午後4時45分時点では、まだ各回とも予約できる状態にあるが、フラワーデザイナーの残り人数が少なくなっている。

◆おしごとなりきり道場 in みなとみらい
日時:2018年3月21日(水・祝)10:00~18:00
会場:横浜ワールドポーターズ イベントホール(神奈川県横浜市中区新港2-2-1)
対象:未就学児~小学生
募集人数:各回先着12名
参加費:各回500円
申込方法:夢らくざプロジェクトWebサイト内の専用フォームから申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)