【高校受験2018】兵庫県公立高入試の志願状況・倍率(最終日)西宮(普通)1.81倍、加古川東(普通)1.28倍ほか

 兵庫県教育委員会は平成30年3月2日、平成30年度(2018年度)兵庫県公立高等学校入学者選抜について、志願変更受付最終日にあたる3月2日正午締切時点での学力検査入試の志願状況・倍率を公開した。

教育・受験 中学生
 兵庫県教育委員会は平成30年3月2日、平成30年度(2018年度)兵庫県公立高等学校入学者選抜について、志願変更受付最終日にあたる3月2日正午締切時点での学力検査入試の志願状況・倍率を公開した。定員23,557人に対し、志願者数は26,014人で、倍率は1.10倍となった。

 学力検査入試の志願変更は、平成30年2月28日から3月2日まで受け付けた。全日制において、志願変更により志願者数が増加した学校・学科は、相生産業(電気)で14人増、市立尼崎双星(ものづくり機械)で13人増など、44校61学科。減少した学校・学科は、上郡(農業土木)で16人減少、東播工業(電気)で12人減など、38校57学科。

 志願変更受付最終日正午時点における志願倍率が高かった学校・学科は、普通科では西宮1.81倍、市立尼崎1.69倍、三田祥雲館1.64倍、芦屋(単)1.58倍など。専門学科では、農業(動物科学)2.00倍、尼崎工業(機械)1.70倍、東播工業(土木)1.70倍・同(建築)1.65倍など。総合学科では、市立須磨翔風1.90倍、三木東1.34倍、武庫荘総合1.32倍など。

 そのほかの学校・学科は、神戸(普通)1.11倍、長田(普通)1.14倍、姫路西(普通)0.97倍、加古川東(普通)1.28倍、宝塚(普通)1.02倍など。全日制のすべての学校・学科の志願者数や倍率は、兵庫県教育委員会Webサイト内で確認できる。

 学力検査に関する今後の日程としては、平成30年3月12日(月)に学力検査が行われ、3月13日(火)に総合学科の実技検査が行われる予定。合格者発表は3月19日(月)。
《渡邊淳子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)