アスリートが指導、福島で「すこやカラダ大作戦」

生活・健康 小学生

潮田玲子らアスリートが福島の子どもにスポーツの楽しさを伝える…すこやカラダ大作戦
  • 潮田玲子らアスリートが福島の子どもにスポーツの楽しさを伝える…すこやカラダ大作戦
  • 潮田玲子らアスリートが福島の子どもにスポーツの楽しさを伝える…すこやカラダ大作戦
  • 潮田玲子らアスリートが福島の子どもにスポーツの楽しさを伝える…すこやカラダ大作戦
  • 潮田玲子らアスリートが福島の子どもにスポーツの楽しさを伝える…すこやカラダ大作戦
  • 潮田玲子らアスリートが福島の子どもにスポーツの楽しさを伝える…すこやカラダ大作戦
小野薬品工業とスポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構は、「すこやカラダ大作戦 in ふくしま」のキックオフイベントを3月18日(日)に福島県相馬市にて開催した。

「すこやカラダ大作戦」は、東北3県の復興支援活動の一環として行われている子どもたちの心身健やかなカラダづくりを応援するプロジェクトだ。4年目となる今年は福島県で、スポーツやカラダを動かす楽しさを子どもたちに伝え、継続的な運動を促進する。

今回、行われたキックオフイベントには、相馬市内の小学1~3年生の子供たち、地元のトランポリン教室の生徒 計60名とその保護者らが参加。ロンドンオリンピックバドミントン混合ダブルス元日本代表の潮田玲子、北京オリンピックトランポリン元日本代表の外村哲也、サッカー元日本代表の福田正博がゲストアスリートとして登場し、子どもたちに競技パフォーマンスを披露した。

子どもたちは、潮田の時速300キロ以上のスマッシュや外村の得意技である高さのある3回宙返り、福田の豪快なシュートなど見ると、歓声をあげ、拍手でパフォーマンスを讃えた。

その後、3チームに分かれ、3競技を順番に体験するスポーツレクリエーションを実施。バドミントンは潮田がシャトルの打ち方、トランポリンは外村が飛び方をレクチャーした。チームに分かれてミニゲームを行ったサッカーでは、福田から声をかけてもらいながら子どもたちがボールを追いかけた。

昼食時には、使われた食材の栄養素を分かりやすくまとめたイラストパネルや食育の教材が展示されるなど、正しい食生活に対する意識付けを実施。この他、生活習慣病に関する専門医である齊藤道也による保護者向け「健康セミナー」や、子どもたちとゲストアスリートが参加するミニ運動会を行った。

潮田玲子らアスリートが福島の子どもにスポーツの楽しさを伝える…すこやカラダ大作戦

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)