「文理の幼児ドリル」刊行、発達段階とテーマで選ぶ16点

 学研ホールディングスのグループ会社である「文理」は、2歳から6歳の未就学児を対象とした「文理の幼児ドリル」を2018年3月19日に刊行した。

教育・受験 未就学児
「文理の幼児ドリル」
  • 「文理の幼児ドリル」
  • 「文理の幼児ドリル」シリーズの「はじめてのおけいこ」実物の例。鉛筆やクレヨンを自由に使いこなせるようになるために練習する本だ
  • 「文理の幼児ドリル」やる気につながる付録が充実
 学研ホールディングスのグループ会社である「文理」は、2歳から6歳の未就学児を対象とした「文理の幼児ドリル」を2018年3月19日に刊行した。

 小中学生向けの「教科書ワーク」を発行している文理がおくる、幼児向けのドリル。発達段階に応じて幅広く取り組むことができるよう、ドリルの年齢刻みは「2~4歳」「3~5歳」「4~6歳」に区切った。「ひらがな」5点、「すうじ」3点、「カタカナ」2点、「かんじ」「たしざん」「とけい」「おけいこ」各1点点、「めいろ」2点の、合計16点を展開する。

 段階を踏んで取り組めるよう、「くり返し」の作業ページと「思考力を養う」考えるページをバランスよく収録。単調な紙面にならないよう、同じ内容でも違った角度から取り組めるよう工夫したという。

 学習後に貼れる「やったね!シール」や、1冊が終了した際に子どもの頑張りを認めることができるよう、賞状も付録する。テーマに応じて、ポスターや学習カードなどが付属する場合もある。

 ドリルは1冊660円(税別)。商品イメージや詳細は、文理のWebサイト「キュリオポータル」に公開されている。

◆「文理の幼児ドリル」シリーズ
定価:本体660円(税別)
発売日:2018年3月19日(月)
判型:A4
発行所:文理
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)