どうだった?2018年「ファミリーアニメフェスタ」レポ

 AnimeJapan 2018「ファミリーアニメフェスタ」では、ファミリー向けに特化した展示をはじめ、ファミリー以外の入場不可といった制限、ファミリー専用無料シャトルバスの運行など、家族に嬉しいサービスが盛り沢山だった。

趣味・娯楽 未就学児
ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】
  • ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】
  • ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】
  • ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】
  • ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】
  • ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】
  • ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】
  • ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】
  • ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】
3月24日・3月25日に開催された日本最大級のアニメイベントAnimeJapan 2018「ファミリーアニメフェスタ」では、ファミリー向けに特化した展示をはじめ、ファミリー以外の入場不可といった制限、ファミリー専用無料シャトルバスの運行など、家族に嬉しいサービスが盛り沢山だった。


「ファミリーアニメフェスタ」は2017年より独立して開催。2018年はさらにパワーアップしてエリア面積は約2倍に拡大され、プレイコーナーやワークショップ、ファミリーステージ、フードパーク、企業ブースなどで構成。

作品も『妖怪ウォッチ』や『アイドルタイムプリパラ』、『それいけ!アンパンマン』など子どもに大人気の作品ばかり。午前中から既に多くの家族が来場して賑わっており、「AnimeJapanのついで」ではなく、「ファミリーアニメフェスタ」が目的の家族が多いように思われる


子どもたちの元気いっぱいな声があちこちで聞こえてくるほど、企業ブースもかなり充実。おもちゃメーカーをはじめとした企業ブースが、会場をより盛り上げていた。



前回から好評のワークショップは「ガンプラ組立会」と「アニメをつくろう」の二つ。どちらも整理券配布に長い列ができていた。


他には、無料で楽しめるヨーヨーつりやぬりえコーナーなども展開し、どの子どもも楽しそうな表情を浮かべる。


昨年よりパワーアップした「ファミリーアニメフェスタ」。来年も引き続き注目したい。

【フォトギャラリー】「ファミリーアニメフェスタ」の様子をもっと見てみる?

ファミリーアニメフェスタは「ついで」じゃない魅力たっぷり!家族に嬉しいエリアをレポート【AJ2018】

《タカロク》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)