Apple「iOS 12」発表、アバターが作れる「Memoji」も登場

米Appleは、現地時間6月4日(日本時間5日午前2時)、年に一度の開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」を開幕。その基調講演の中で、「iOS 12」を発表した。

デジタル生活 その他
iOS 12を発表した。(c)GettyImages
  • iOS 12を発表した。(c)GettyImages
  • ARに関する新フォーマット「USDG」。(c)GettyImages
 米Appleは、現地時間6月4日(日本時間5日午前2時)、年に一度の開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」を開幕。その基調講演の中で、「iOS 12」を発表した。

 iOS 12の特徴として、冒頭語られたのはパフォーマンスの向上。アプリの起動が最大40%向上したほか、キーボードの表示は最大50%、カメラの起動は最大70%も早くなった。こうしたパフォーマンス向上が果たされた一方で、対応端末は従来のまま。つまり、iPhone 5s以降、iPad mini 2以降、iPad(第5世代)以降に向けて、これまで通り無償で提供される。該当ユーザーは嬉しい限りだろう。

 基本性能以外の分野では、AR分野に重点が置かれた印象だ。まずは、ピクサーと協働して開発した、新フォーマット「USDG」。これにより、ユーザーがARコンテンツを製作すること、およびその共有を手軽なものとした。このほか、iPhoneなどに搭載されているカメラで物理的なもののサイズを測ることができる「メジャー」と呼ばれる新アプリの開発等も明かされた。ちなみに、基調講演ではARゲームの新たな楽しみ方や、LEGOとARの組み合わせなども披露されていた。

 そのほか目立ったところでは、音声アシスタント「Siri」が進化。登録したショートカットをタスクとして実行してくれるようになったほか、未来の先読みや提案が可能に。たとえば、スケジュールに入っている内容に沿って、ユーザーにとってありがたい提案をしてくれる、優秀なアシスタントのようなイメージだ。

 メッセージングアプリでは、「アニ文字」がアップデート。某アプリのようなイメージで、舌を検知することが可能となったほか、個人の新たな表現として「Memoji(ミーモジ)」が登場した。また、FaceTimeは最大32名のグループチャットに対応。ほか、株価アプリの刷新など、細かな進化も見られた。

Apple、パフォーマンスを大幅に向上した「iOS 12」を発表……アバターが作れる「Memoji」も登場

《Tsujimura@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)