JAL・東大生研、機体見学や翼設計の実験…飛行機ワークショップ2018

 日本航空(JAL)と東京大学生産技術研究所は2018年10月と11月、「飛行機ワークショップ2018~機体の内部を診てみよう~」を開催する。参加無料。事前申込制。締切りは、中学生クラスが9月21日、高校生クラスが9月25日。

教育イベント 中学生
飛行機ワークショップ2018~機体の内部を診てみよう~
  • 飛行機ワークショップ2018~機体の内部を診てみよう~
  • 飛行機ワークショップ2018~機体の内部を診てみよう~
  • 日本航空・東京大学生産技術研究所
  • 日本航空
  • 東京大学生産技術研究所
 日本航空(JAL)と東京大学生産技術研究所は2018年10月と11月、「飛行機ワークショップ2018~機体の内部を診てみよう~」を開催する。参加無料。事前申込制。締切りは、中学生クラスが9月21日、高校生クラスが9月25日。

 「飛行機ワークショップ2018~機体の内部を診てみよう~」は、中高生を対象としたワークショップ。JALと東大生研次世代育成オフィスが連携し、お互いのリソースを活用して次世代を担う人材を育成することを目的として実施する。

 ワークショップは2日間にわたって実施する。1日目はJAL羽田機体整備工場で実際の機体や点検作業を見学し、2日目は東京大学駒場リサーチキャンパスで翼設計などのシミュレーション・実験や講義を行うほか、参加者同士の親睦を深める交流会を行う。

 クラスは、中学生対象の「中学生クラス」と高校生および高専生対象の「高校生クラス」に分かれており、中学生クラスは10月20日と21日、高校生クラスは11月3日と4日に開催する。

 JALと東大生研は、「この飛行機ワークショップを通じ、次世代を担う若い中学生、高校生の皆さんが航空の分野に興味を持ち、これからの航空技術の発展に貢献する人材になっていただくことを期待しております」とコメントしている。

 参加費は無料。ただし、会場までの往復交通費は参加者負担となる。申込みは、郵送またはメールにて受け付けている(郵送は当日消印有効)。定員は、各クラス32名。締切りは、中学生クラスが9月21日、高校生クラスが9月25日。定員を上回る応募があった場合は、作文による選考を実施する。選考の結果は、中学生クラスは9月26日まで、高校生クラスは10月5日までに文書にて通知。参加者には参加証を発送する。

◆飛行機ワークショップ2018~機体の内部を診てみよう~
日時:
【中学生クラス】
<1日目>2018年10月20日(土)15:00~18:00
<2日目>2018年10月21日(日)9:00~13:00
【高校生クラス】
<1日目>2018年11月3日(土・祝)15:00~18:00
<2日目>2018年11月4日(日)9:00~13:00
※時間はいずれも予定
※2日間連続プログラムのため、どちらか片方のみの参加は不可
会場:
<1日目>JAL羽田機体整備工場(東京都大田区)
<2日目>東京大学生産技術研究所 駒場リサーチキャンパス(東京都目黒区)
※詳細な地図などは、参加証に同封する
対象:
【中学生クラス】中学1年生~中学3年生
【高校生クラス】高校1年生~高校生3年生および高等専門学校1年生~3年生
募集人数:各クラス32名
締切り:
【中学生クラス】2018年9月21日(金)
【高校生クラス】2018年9月25日(火)
※郵送は当日消印有効
参加費:無料
※会場までの往復交通費は参加者負担
申込方法:必要項目と課題作文を記入のうえ、郵送またはメールにて申し込む
※選考の結果は、中学生クラスは9月26日まで、高校生クラスは10月5日までに文書にて通知する(参加者には参加証を発送する)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)