野球「U18アジア選手権」高校日本代表、J SPORTSが全試合放送

 ジェイ・スポーツ(J SPORTS)は、2018年9月3日に開幕する「第12回BFA U-18アジア選手権」の日本代表戦を全試合放送する。動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」でも配信され、パソコンやスマートフォン、タブレットからも視聴できる。

趣味・娯楽 その他
前回大会のようす Photo by Ken Ishii ― SAMURAI JAPAN (c) Getty Images
  • 前回大会のようす Photo by Ken Ishii ― SAMURAI JAPAN (c) Getty Images
  • 壮行試合の配信予定
  • 1次ラウンドグループAの放送・配信予定
  • 「結束!侍ジャパン」の放送・配信予定
 ジェイ・スポーツ(J SPORTS)は、2018年9月3日に開幕する「第12回BFA U-18アジア選手権」の日本代表戦を全試合放送する。動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」でも配信され、パソコンやスマートフォン、タブレットからも視聴できる。

 2年に1度開催される「BFA U-18アジア選手権大会」は、アジア野球連盟(BFA)が主催する野球の国際大会。16歳から18歳のアジア各国・地域代表選手がアジア最強の座をかけて戦いを繰り広げる。2018年は、宮崎県のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎とアイビースタジアムで開催される。日本での開催は2011年以来3回目、九州では初開催にあたる。

 前回の2016年大会では、寺島成輝選手(現 東京ヤクルトスワローズ)、藤平尚真選手(現 東北楽天ゴールデンイーグルス)、高橋昴也選手(現 広島東洋カープ)をはじめとした現在プロ野球でも活躍中の選手が出場し、2大会ぶり5度目の金メダルを獲得した。

 今回は、史上初2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の根尾昴選手、藤原恭大選手、柿木蓮選手や“カナノウ旋風”を巻き起こした金足農業の吉田輝星選手、報徳学園の小園海斗選手など、「全国高等学校野球選手権記念大会」で活躍したドラフト注目選手が出場する。

 J SPORTSでは、2大会連続でアジアの頂点を目指す若き侍ジャパンの熱い戦いを全試合放送。さらに、大会直前の壮行試合もJ SPORTSオンデマンド限定でLIVE配信する。

 また、全カテゴリーの侍ジャパン情報を毎月届けている侍ジャパン公認番組「結束!侍ジャパン」では、侍ジャパンU-18代表を合宿から密着する。

 J SPORTSオンデマンド「野球パック」では、BFA U-18 アジア選手権ほか野球コンテンツを配信。料金は月額1,800円、25歳以下対象のU25割では月額900円(いずれも税別)。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)