救命講座・救急功労者表彰式など実施…救急医療週間9/9-15

 「救急の日」である2018年9月9日から15日までの1週間を示す「救急医療週間」の期間、全国各地において、消防庁や厚生労働省、都道府県、市町村などの協力により各種行事を開催する。消防庁は、9月9日に「救急の日2018」、9月10日に「救急功労者表彰式」を実施する。

生活・健康 その他
 「救急の日」である2018年9月9日から15日までの1週間を示す「救急医療週間」の期間、全国各地において、消防庁や厚生労働省、都道府県、市町村などの協力により各種行事を開催する。消防庁は、9月9日に「救急の日2018」、9月10日に「救急功労者表彰式」を実施する。

 9月9日の「救急の日」、およびこの日から9月15日までの1週間を示す「救急医療週間」は、救急業務および救急医療に対する国民の正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識高揚を図ることを目的に、1982年度に定められた。救急医療週間の期間中、全国各地において、消防庁、厚生労働省、都道府県、市町村、全国消防長会、日本医師会、日本救急医学会、そのほかの関係機関の協力により、各種行事が開催される。

 消防庁は、9月9日にアクアシティお台場にて「救急の日2018」、9月10日にKKRホテル東京にて「救急功労者表彰式」を開催する。「救急の日2018」では、キャラクター着ぐるみによるステージオープニングを皮切りに、AED体験や子どもたちへの簡単な救命講座、救急救命処置シミュレーション、パネルやポスター、救急関係機器や機材の展示などを行う。

 「救急功労者表彰式」では、日頃から救急業務の推進に貢献し、社会公共の福祉の増進に顕著な功績があったと認められた個人および団体が表彰される。総務大臣表彰は、個人表彰13名および団体表彰1団体。消防庁長官表彰は、個人表彰18名。受賞者名簿は、総務省のWebサイトにて確認できる。

 そのほか、全国の消防機関においても、期間中にさまざまなイベントが開催されるとしている。

 また、救急振興財団では、ガチャピンとムックを起用した2018年度「救急の日」ポスターを作成し、全国の消防本部や消防関係団体に配布している。標語は「あなたのチャレンジが命をつなぐ」とし、緊急事態だとわかったら、「ためらわずに119通報してもらう」「AEDを持ってきてもらう」「勇気を出して蘇生活動にチャレンジする」こと、救急救命においてその場に居合わせた人にしかできない大事な役割があることを伝えている。

◆救急の日2018
日時:2018年9月9日(日)11:00~17:00
会場:アクアシティお台場3階「アクアアリーナ」(東京都港区台場1丁目7番1号)

◆救急功労者表彰式
日時:2018年9月10日(月)13:30~13:50
会場:KKRホテル東京11階「孔雀の間」(東京都千代田区大手町1丁目4番1号)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)