栃木県、学生の奨学金返還を助成…製造業へ就職を促進

 栃木県は2018年9月3日から11月30日まで、「平成30年度(2018年度)とちぎ未来人材応援奨学金支援助成金」の第二期募集を行う。募集対象にあたる奨学金の賞与を受けている場合、返還額の一部を助成する。

教育・受験 大学生
 栃木県は2018年9月3日から11月30日まで、「平成30年度(2018年度)とちぎ未来人材応援奨学金支援助成金」の対象学生を募集する。募集対象にあたる奨学金の賞与を受けている場合、返還額の一部を助成する。大学生の場合は150万円を上限に、卒業前2年間に貸与を受ける奨学金の金額を助成する。

 対象は2018年度に大学3年生、大学院修士課程1年生、短期大学1年生、高等専門学校4年生である者で、栃木県内に本店・支社・支店・事業所などが存在する製造業に就職を希望する者。大企業の場合は、県内に本社機能を有する場合に限る。対象条件には、栃木県内に定住を希望する者であることも含まれる。

 対象となる奨学金は、日本学生支援機構の第一種奨学金または第二種奨学金、栃木県育英会の一般奨学金、日本学生支援機構のWebサイトに掲載されている奨学金事業実施団体奨学金のほか、知事が認める奨学金。栃木県によると、第二期募集からは、対象の奨学金が拡充されている。

 助成の対象とする期間は原則、栃木県内の製造業に就職する2020年から8年間。

 第一期募集はすでに締め切っており、2018年9月3日から11月30日までは第二期応募を受け付ける。第三期は2019年1月7日から2月8日まで。応募者多数の場合は募集期間内でも応募を締め切り、第三期募集を行わない可能性もあるという。対象業種に就職する前に認定を受けないと、奨学金返還の助成は受けられない。

 詳細は栃木県Webサイト内「とちぎ未来人材応援奨学金支援助成金の対象学生を募集します」で確認すること。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)