第2回「JAL折り紙ヒコーキ全国大会」10月から全国33か所で予選会

 折り紙ヒコーキ協会と日本航空(JAL)は2018年10月から、全国33か所で「第2回 JAL折り紙ヒコーキ全国大会」予選会を開催する。2019年4月に東京で行われる全国大会を目指し、折り紙で作ったヒコーキを飛ばし、床に着地するまでの飛行時間を競う。

教育イベント 小学生
東京での全国大会を目指した「第2回 JAL折り紙ヒコーキ全国大会」予選会を開催する(写真は過去のようす)
  • 東京での全国大会を目指した「第2回 JAL折り紙ヒコーキ全国大会」予選会を開催する(写真は過去のようす)
  • JAL「第2回 JAL折り紙ヒコーキ全国大会 予選会のお知らせ」
 折り紙ヒコーキ協会と日本航空(JAL)は2018年10月から、全国33か所で「第2回 JAL折り紙ヒコーキ全国大会」の予選会を開催する。2019年4月に東京で行われる全国大会を目指し、折り紙で作ったヒコーキの飛行時間を競う。小学生以下の部と、中学生以上の一般の部で参加者を募集する。

 JALはこれまで、教育CSR活動「空育」の一環として、折り紙ヒコーキ協会と協力し「折り紙ヒコーキ教室」を展開してきた。折り紙ヒコーキの認知度や競技力の向上と、参加者が空や未来について考えるきっかけを持つことを目指し、「第2回 JAL折り紙ヒコーキ全国大会」を開催する。

 競技会規約は折り紙ヒコーキ協会の規則に従う。競技は、小学生以下の部と、中学生以上が対象の一般の部の2部門。使用する紙は、折り紙ヒコーキ協会の認定競技用紙(A5サイズ)を原則とする。

 予選会は2018年10月から全国各地で順次スタートし、小学生以下の部、一般の部それぞれの代表者を決定する。各部門の優勝者は、地区代表者として2019年4月に東京で開催予定の「JAL折り紙ヒコーキ 全国大会」へ進む。

 予選会への参加や詳細は、JALのWebサイト「第2回 JAL折り紙ヒコーキ全国大会 予選会のお知らせ」で確認できる。

◆第2回 JAL折り紙ヒコーキ全国大会 予選会
日程:2018年10月8日(月)から順次開催
会場:日本国内、全33か所
主催:折り紙ヒコーキ協会
特別協賛:日本航空
競技内容: 室内滞空時間競技(個人戦)
 ・小学生以下の部
 ・一般の部(中学生以上)
地区大会代表者への賞品:
 (1)全国大会出場へ招待、東京までの招待航空券
 (2)東京1泊宿泊
 (3)JAL工場見学~SKY MUSEUM~招待
 ※いずれも小学生以下は保護者1名が同伴すること
決勝大会:2019年4月 東京で開催予定
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)