世界基準の卓球少年少女を育てる「未来のメダリスト基金」設立

 KODAMA国際教育財団は、日本卓球界初となるU-7(7歳以下)の卓球少年少女のための「未来のメダリスト基金」を設立した。

教育・受験 未就学児
卓球U-7世代を強化・育成支援する「未来のメダリスト基金」設立
  • 卓球U-7世代を強化・育成支援する「未来のメダリスト基金」設立
  • 卓球U-7世代を強化・育成支援する「未来のメダリスト基金」設立
  • 卓球U-7世代を強化・育成支援する「未来のメダリスト基金」設立
KODAMA国際教育財団は、日本卓球界初となるU-7(7歳以下)の卓球少年少女のための「未来のメダリスト基金」を設立した。

「未来のメダリスト基金」は、U-7世代(小学一年生以下)の強化・育成支援を目的とした育成強化プロジェクトだ。これまで中国に追い付くための強化に取り組んできた日本の卓球だが、中国を追い抜く日が近づいていることから、若い世代をさらに育成・強化するための環境作りを目指す。

具体的には、世界基準の育成強化プロジェクト「未来のメダリストプロジェクト」が実施するU-7卓球選手育成事業「未来のメダリスト」と、全国のバンビ卓球選手の練習環境を向上する卓球台(高さ調整機能付)を普及するための助成を行う。基金では、個人会員1口30,000円から、法人会員一口200,000円から寄付を募っている。

卓球U-7世代を強化・育成支援する「未来のメダリスト基金」設立

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)