【大学受験】朝日新聞×河合塾「大学サーチくん」691大学を検索可能

 朝日新聞デジタル掲載の「大学サーチくん」では、2018年度「ひらく日本の大学」調査に回答した691大学について、情報検索を行うことができる。学部単位での初年度納入金や教員数、学部・学科単位での卒業後の進路などが表示される。

教育・受験 高校生
朝日新聞社と河合塾による共同調査「ひらく日本の大学」
  • 朝日新聞社と河合塾による共同調査「ひらく日本の大学」
  • 「ひらく日本の大学」大学サーチくん
 朝日新聞デジタル掲載の「大学サーチくん」では、2018年度「ひらく日本の大学」調査に回答した691大学について、情報検索を行うことができる。学部単位での初年度納入金や教員数、学部・学科単位での卒業後の進路などが表示される。

 「ひらく日本の大学」は、2011年から朝日新聞社と河合塾が共同で実施している調査で、対象は日本の全大学(大学院大学、通信制のみの大学を除く)。本当に学びたいことを学べる大学を選ぶための、よりよい進路選択ができる環境を整え、「偏差値」にとらわれない多様な価値観を提供することが目的だという。2018年度調査は6月・7月に実施され、2017年度調査より27校増の691大学が回答している。

 「大学サーチくん」は、調査に回答した国公私立大学についての情報を検索することができる。表示できる情報は、学部単位の情報が「初年度納入金」「教員数(本務者数、兼任者数)」「教員1人あたりの学生数(ST比)」。学部・学科単位の情報は「卒業後の進路」、卒業者数に占める進学者数、就職者数、その他の割合を示す。そのほか、大学全体、学部単位の情報として、学士課程教育で力を入れている、または特色ある取組みの内容などを閲覧できる。

 検索の条件は、大学名、大学区分、地区、学部系統、入学定員の5つ。複数の条件を入力すると、そのいずれの条件にもあてはまる大学を表示する。どれか1つだけで検索することや、1つの検索条件を複数選択することも可能。なお、「ひらく日本の大学」調査に未回答の大学については、検索することができない。

 「大学サーチくん」は、朝日新聞デジタルにて公開。そのほか、「ひらく日本の大学」2017年度調査および2018年度調査の結果も掲載されている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)