「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティア募集…募集人数100名

 日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)は、2019年3月24日に開催する第4回「パラ駅伝 in TOKYO 2019」を盛り上げるボランティアの募集を開始した。

生活・健康 その他
健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集
  • 健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集
  • 健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集
  • 健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集
  • 健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集
  • 健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集
  • 健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集
  • 健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集
  • 健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集
日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)は、2019年3月24日(日)に開催する第4回「パラ駅伝 in TOKYO 2019」を盛り上げるボランティアの募集を開始した。

「パラ駅伝 in TOKYO」は、障がいのあるランナーや健常者のランナーが9名(伴走ランナー1名含む)でチームをつくり、タスキをつなぐパラスポーツイベントだ。4回目の開催となる今回は、全国16都道県から17チームの参加が決定している。

駒沢オリンピック公園陸上競技場に北は北海道、南は熊本県まで全国からランナーが集結。また、昨年度のラオスに引き続き、海外からカンボジアチームが参加し、全18チームがタスキをつなぎ、ゴールを目指す。

ボランティアの活動内容は、バックスタンド側来場受付での対応・チケットもぎり、コンコース誘導業務。ボランティア終了後は、ボランティアスタッフ応援席から参加チーム・参加選手への応援を行う。なお、参加者は事前研修への出席が必須となる。募集人数100名。申込み詳細は、パラ駅伝公式サイトにて告知中だ。

健常者と障がい者がタスキをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」ボランティアを募集

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)