作風や表現の違いに注目…「サザエさん」初期作品デジタル配信開始

 TVアニメ「サザエさん」50周年を前に、1969年から1979年に放送された初期フィルム作品のデジタル化が決定した。「FOD」および「Amazon Prime Video」にて、2018年12月26日0時より第1回放送分~第53回放送分のうち50回分が配信される。

趣味・娯楽 未就学児
『サザエさん』初期キービジュアル(C)長谷川町子美術館
  • 『サザエさん』初期キービジュアル(C)長谷川町子美術館
  • 「75 点の天才!」番組画像 (C)長谷川町子美術館
  • 「押売りよ こんにちわ!!」番組画像 (C)長谷川町子美術館
TVアニメ『サザエさん』50周年を前に、1969年~1979年に放送された初期フィルム作品のデジタル化が決定。フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」および「Amazon Prime Video」にて、12月26日0時より第1回放送分(1969年10月5日)~第53回放送分(1970年10月4日)のうち50回分が配信されることになった。

1969年10月5日に放送を開始した『サザエさん』は、2019年10月が50周年の節目にあたる。
このたびの初期フィルム作品の一挙配信では、カツオのテストをめぐるやり取りが繰り広げられる「75点の天才!」、押売りたちが代わる代わる磯野家を訪問してくる「押売りよ こんにちわ!!」などが放送された記念すべき第1回のほか、50回分がラインナップ。
現在放送中の『サザエさん』と異なる作風や表現だけでなく、大山のぶ代演じるカツオ、永井一郎演じる波平、麻生美代子演じるフネらの貴重な共演も見どころである。



フジテレビ編成部の渡辺恒也プロデューサーは、今回のデジタル化について「放送50周年の節目を前に、今まで35mmネガフィルムの状態で倉庫に眠っていた初期の『サザエさん』をデジタル化し、後世に映像遺産として残すことができることを大変嬉しく思います。また、貴重な初期作品を再び皆様にご覧いただくことが、アニメ『サザエさん』の歴史を振り返る大きな機会になると期待しています!」とコメント。

そして、配信で改めて送り出す初期作品について「現在放送中の『サザエさん』とは作風や表現も異なっていて、見比べてみてもそれぞれに新しい魅力を発見してもらえると思います」と紹介しつつ、視聴者へ「アニメ『サザエさん』は50周年を迎えるとともに、ますます“挑戦”を続けていきたいと思いますので、これからも応援をよろしくお願いします!」と呼び掛けている。

TVアニメ『サザエさん』初期フィルム作品の配信は、12月26日0時より「FOD」および「Amazon Prime Video」にてスタート。

(C)長谷川町子美術館

「サザエさん」初期作品がデジタル配信! 作風&表現の違い、カツオ(CV.大山のぶ代)などに注目

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)