海の生き物教室「謎多きメガマウスザメ」鴨川シーワールド3/9から

グランビスタ ホテル&リゾートの基幹施設である鴨川シーワールドでは、2019年3月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)・21日(木・祝)・25日(月)から29日(金)の期間中、飼育員による海の生き物教室「謎多きメガマウスザメ」を実施する。

趣味・娯楽 未就学児
水揚げされたメガマウスザメ
  • 水揚げされたメガマウスザメ
  • 世界初!メガマウスザメ 全身骨格標本の展示
  • 海の生き物教室「謎多きメガマウスザメ」
  • メガマウスザメの公開解剖
 グランビスタ ホテル&リゾートの基幹施設である鴨川シーワールドでは、2019年3月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)・21日(木・祝)・25日(月)から29日(金)の期間中、飼育員による海の生き物教室「謎多きメガマウスザメ」を実施する。

 世界でも珍しい大型のサメ「メガマウスザメ」は、2017年5月22日に房総半島の南に位置する館山市洲崎(すのさき)定置網に入網し、2018年2月24日に「さめ先生」の愛称で知られる仲谷 一宏(なかや かずひろ)北海道大学名誉教授らとともに公開解剖された。その骨格は、このような大型ザメでは世界初となるプラスティネーション加工(含浸加工)という工法が施され、2018年12月より鴨川シーワールドにて一般公開している。

 海の生き物教室「謎多きメガマウスザメ」では、謎の多いメガマウスザメについて飼育員が映像を交えながら解説を行うほか、実際にメガマウスザメの全身骨格にふれて、その質感や、大きさを体感できる貴重な時間を設けているという。世界でも非常に希少なため、生態は未だ不明とされている、最大で全長710センチメートルほどに成長する幻のサメを近くで見て、触って、感じることができる。

◆海の生き物教室「謎多きメガマウスザメ」
開催場所:鴨川シーワールド(千葉県鴨川市東町1464-18)
開催期間:2019年3月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)、21日(木・祝)、25日(月)~29日(金)
実施内容・時間:
12:30~12:50 海の生き物教室「謎多きメガマウスザメ」マリンシアター
13:30~13:50 メガマウスザメ全身骨格標本の解説と観察 ロッキーワールド地下 
※各日1回ずつ
料金:無料(鴨川シーワールドの入園料が必要) 
入園料 :
<2019年3月31日まで>
大人¥2,800/小人(4歳~中学生)¥1,400/65歳以上¥2,200
<2019年4月1日以降>
大人¥3,000/小人(小学生・中学生)¥1,800/幼児(4歳以上)¥1,200/60歳以上¥2,400
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)