【高校受験2019】北海道公立高入試2次募集、全日制150校で4,609人

 北海道教育委員会は2019年3月20日、2019年度(平成31年度)公立高等学校入学者選抜第2次募集について発表した。全日制は150校で4,609人、定時制は40校で1,261人を募集する。願書受付は3月25日午後4時半まで。

教育・受験 中学生
 北海道教育委員会は2019年3月20日、2019年度(平成31年度)公立高等学校入学者選抜第2次募集について発表した。全日制は150校で4,609人、定時制は40校で1,261人を募集する。願書受付は3月25日午後4時半まで。

 2019年度北海道公立高等学校入学者選抜では、合格者数が募集人員に満たないときや、入学予定者数が募集人員に満たないときに第2次募集を行う。全日制は150校で第2次募集を行い、4,609人募集する。また、定時制は40校で第2次募集を行い、1,261人募集する。

 全日制における各学校の募集人数は、石狩学区では大麻(普通)16人、札幌東陵(普通)4人、札幌西陵(普通)12人など、計568人。札幌市立では、札幌啓北商業(未来商学)が6人。このほか、滝川(理数)9人、岩見沢東(普通)18人、北見北斗(普通)8人、釧路湖陵(普通)24人など。

 第2次募集の出願受付期間は、3月22日から3月25日。受付時間は午前9時から午後4時半。全日制は、3月5日に実施した学力検査の成績や作文、面接などをもとに入学者を選抜し、3月28日までに合格者を発表する。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)