【高校受験2019】埼玉県公立高入試、全日制の学力検査平均点は英語47.7点

 埼玉県は2019年4月25日、2019年度埼玉県公立高等学校入学者選抜の実施状況を公表した。全日制の課程の一般募集では、4万3,531人が受検。欠員補充後、募集人員を充足しない学校が39校あった。学力検査における受検者平均点もまとめている。

教育・受験 中学生
2019年3月埼玉県内国・公・私立中学校卒業予定者数、2019年度埼玉県公立高等学校生徒募集人員
  • 2019年3月埼玉県内国・公・私立中学校卒業予定者数、2019年度埼玉県公立高等学校生徒募集人員
  • 全日制の課程 一般募集等における応募状況
  • 不登校の生徒などを対象とした特別な選抜の実施状況
  • 全日制の課程 欠員補充について
  • 全日制の課程 2019年度埼玉県公立高等学校入学者選抜学力検査結果
 埼玉県は2019年4月25日、2019年度埼玉県公立高等学校入学者選抜の実施状況を公表した。全日制の課程の一般募集では、4万3,531人が受検。欠員補充後、募集人員を充足しない学校が39校あった。学力検査における受検者平均点もまとめている。

 2019年3月埼玉県内国・公・私立中学校卒業予定者数は6万3,498人。2019年度埼玉県公立高等学校入学者選抜では、全日制の課程で3万8,040人、定時制の課程で2,240人を募集した。なお、全日制の課程の募集人員には、伊奈学園中学校から伊奈学園総合高等学校に、およびさいたま市立浦和中学校からさいたま市立浦和高等学校に進学予定の160人を含む。定時制の課程の募集人員には、吹上秋桜高等学校の秋季募集人員24人を含む。

 全日制の課程の一般募集などにおける応募状況をみると、全体で4万3,586人が志願し、4万3,531人が受検。そのうち、3万7,133人が入学許可候補者となり、競争率は1.17倍。学科別では、理数科1.80倍、国際文化科1.55倍、外国語科1.50倍などが高く、普通科は1.20倍だった。また、不登校の生徒などを対象とした特別な選抜は、全日制の課程で300人が受検し、240人が入学許可候補者となった。

 欠員補充を実施した学校は40校、募集人員は915人。2018年度より実施校は1校減、募集人員は75人減となった。417人が受検し、入学許可候補者数は408人。欠員補充後、募集人員を充足しない学校が39校あった。

 学力検査問題の受検者平均点は、各教科100点満点のところ、国語58.3点、社会60.3点、数学42.3点、理科44.5点、英語47.7点。学校選択問題の受検者平均点は、数学53.5点、英語64.3点だった。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)