【中学受験】【高校受験】本郷、2021年入試から高校募集を停止…中学募集は定員増

 本郷中学校・高等学校は2019年5月19日、高等学校の募集について、令和3年度(2021年度)入試より停止することを学校Webサイトに掲載。また、令和2年度(2020年度)入試より中学校の募集定員を増員する。

教育・受験 中学生
本郷中学校・高等学校
  • 本郷中学校・高等学校
  • 本郷中学校・高等学校「中学校および高等学校 入学試験の変更について」
 本郷中学校・高等学校は2019年5月19日、高等学校の募集について、令和3年度(2021年度)入試より停止することを学校Webサイトに掲載。また、令和2年度(2020年度)入試より中学校の募集定員を増員する。

 本郷中学校・高等学校のWebサイトに掲載された情報によると、高等学校入試は2021年度入試より募集停止となる。次回の入試にあたる、2020年度の1月実施の推薦入試と2月実施の一般入試は従前どおり行われるという。

 また、中学校入試では、2020年度入試より募集定員を変更する。2020年2月1日実施の第1回は20名増の100名、2月2日実施の第2回は20名増の140名、2月5日実施の第3回は増員なしの40名。2019年度入試では6学級240名だったが、2019年度は7学級280名を募集する。

 2019年度入試における本郷高等学校の実質倍率は、推薦(募集人員24名・受験者数71名)が2.2倍、一般(募集人員60名・受験者数288名)で2.6倍。本郷中学校の実質倍率は、第1回(募集人員80名・受験者数474名)3.2倍、第2回(募集人員120名・受験者数1,007名)2.3倍、第3回(募集人員40名・受験者数588名)12.8倍だった。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)