実写版「ライオン・キング」圧巻の本予告編お披露目…日本だけの最新映像も

 映画「ライオン・キング」(2019年8月9日ロードショー)より、日本だけの最新映像も含む日本版本予告が公開。王となる運命に立ち向かう主人公シンバをとらえた、実写もア ニメーションも超える超実写版の圧巻のスケールに期待が膨らむ仕上がりだ。

趣味・娯楽 その他
『ライオン・キング』場面写真(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライオン・キング』場面写真(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
映画『ライオン・キング』(8月9日ロードショー)より、“日本だけ”の最新映像も含む日本版本予告が公開。王となる運命に立ち向かう主人公シンバをとらえた、実写もア ニメーションも超える“超実写版”の圧巻のスケールに期待が膨らむ仕上がりだ。

日本版本予告は、地平線に浮かびあがるオレンジの太陽やプライドロックに集まってくる動物たちを映したのち、誰もが知る名曲「サークル・ オブ・ライフ」に乗せて新たなる未来の王・シンバが誕生するシーンからスタート。

「いつの日かお前が新たな王となるのだ」と告げる父ムファサの言葉を胸に、自分も父のような“王”になる日を夢見るものの、好奇心旺盛でまだ未熟なシンバは「勇気と無謀は違う」と厳しく説かれる。ムファサは広大なサバンナで“未来の王”を担うことの責任と使命を、愛する息子に教えようとしていたのだ。


しかしそんなシンバに、突如“悲劇”が降りかかる。王位を狙う闇に生きるライオン・スカーの企みによって、王国を追放されてしまったのである。一人飛び出したシンバは、未だ見ぬ世界での新たな出会いや冒険を通じて、王としての使命は何なのかを学んでいくことになる……。
臨場感あふれるサバンナの大地や、表情豊かで活き活きとした動物たちなど、実写もアニメーションも超えた“超実写版”の世界が垣間見える映像となった。

ジョン・ファヴロー監督によれば、本作は「アニメーションのテクノロジーとは十分にかけ離れたものでありながらも、あのオリジナルと完全に繋がりのあるもの」とのこと。
またファヴロー監督は、「サークル・ オブ・ライフ」について「“生と死を繰り返して世代を受け継ぐ”という意味だけではなく、世界は皆で分かち合うのものであり、一人ひとりが独立した人間でありながらも互いにつながっている。その中で一人ひとりが果たすべき役割や生きる意味など、人生を生きる上での“大切なメッセージ”も込められている」とも語っている。

シンバの冒険を通して描かれる新たな「サークル・オブ・ライフ」、そして圧巻の映像美による珠玉のストーリーが、新時代の『ライオン・キング』を体験させてくれそうだ。
映画『ライオン・キング』は、8月9日より全国公開。

映画『ライオン・キング』
原題:The Lion King
全米公開:2019年7月19日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
監督:ジョン・ファヴロー
声の出演:ドナルド・グローヴァー、ビヨンセ

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

「ライオン・キング」これぞ超実写版! “日本だけ”の最新映像含む、圧巻の本予告編がお披露目

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)