【夏休み2019】物理×グローバル「ガールズサイエンスキャンプ」8/5-7

 同志社大学は2019年8月5日から7日、2泊3日の「ガールズサイエンスキャンプ」を開催する。「物理」と「グローバル」をキーワードに、実験体験や交流会、工場見学などを実施。参加費は2,000円。7月18日まで参加者を募集している。

教育イベント 中学生
 同志社大学は2019年8月5日から7日、2泊3日の「ガールズサイエンスキャンプ」を開催する。「物理」と「グローバル」をキーワードに、実験体験や交流会、工場見学などを実施。参加費は2,000円。7月18日まで参加者を募集している。

 同志社大学は、科学技術振興機構(JST)の2019年度女子中高生の理系進路選択プログラムに「『科学するガールズ』養成プログラム」として採択された。「ガールズサイエンスキャンプ」はその一環として開催されるプログラムで、2泊3日の合宿形式で実施。理系選択のスタート地点からキャリア形成までを見据えた総合的な理系選択支援のプログラムとなっている。

 プログラムのキーワードは「物理」と「グローバル」。1日目はオムロンやダイハツ工業(予定)などの女性エンジニアとの交流会を行い、留学生との交流で簡単な英語の授業を体験できる。1日目には、保護者・教員向けの企画も用意しているという。

 2日目は物理の楽しさを体感できる実験体験、海外で働く外国人技術者とのネット中継を実施。3日目には、大阪府のダイハツ工業池田工場を訪問。工場を見学し、女性エンジニアとの質疑応答の場が設けられる。

 プログラムの定員は、女子中学生・高校生45名程度。参加希望者は2019年7月18日までに、「科学するガールズ」Webサイトから申し込む。応募者多数の場合は選考を実施する。参加費は2,000円(宿泊費、食事、保険代を含む)。会場は同志社大学京田辺キャンパスで、宿泊は京都府内の旅館となる。

◆同志社大学「ガールズサイエンスキャンプ」
日時:2019年8月5日(月)~7日(水)2泊3日
会場:同志社大学京田辺キャンパスほか(宿泊は京都府内の旅館)
対象:女子中学生・高校生
定員:45名程度
参加費:2,000円(宿泊費、食事、保険代を含む)
申込方法:「科学するガールズ」Webサイトから申し込む
申込締切:2019年7月18日(木)
※応募者多数の場合は選考を実施
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)