空の日イベントでの実物ヘリ展示、クラウドファンディング開始

 羽田航空宇宙科学館推進会議(HASM)は2019年8月21日、羽田空港にて9月28日に開催される「空の日」イベントで実物のヘリコプターを展示する資金集めのためのプロジェクトを、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」上に公開した。

趣味・娯楽 その他
羽田空港で子供たちにヘリのコクピットを体験させたい!
  • 羽田空港で子供たちにヘリのコクピットを体験させたい!
  • 羽田航空博物館プロジェクト
 羽田空港に航空博物館設立を目指す羽田航空宇宙科学館推進会議(HASM)は2019年8月21日、羽田空港にて9月28日に開催される「空の日」イベントで実物のヘリコプターを展示する資金集めのためのプロジェクトを、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」上に公開した。

 羽田航空宇宙科学館推進会議(HASM)は、羽田航空博物館プロジェクトの活動の1つとして、毎年9月末に羽田空港で行われる「空の日」イベントで本物のヘリコプターを会場に持ち込み、コクピットに乗ったり触ったりして、子どもたちが飛行機を体験できる展示を5年間続けている。2019年の「空の日」展示機は、米ヒューズ社が1960年代に開発し、現在も後継モデルが世界の空を飛び続けている“ヒューズ500”を予定。

 機体を会場まで陸送するには多くの費用が必要なことから、HASMはクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」上で支援金の募集を開始した。目標金額は20万円。募集期間は8月21日から9月21日。支援希望者は、Webサイトにて申し込むこと。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)