【高校受験2020】北海道立高、道外からの受験者向け情報

 北海道教育委員会は2019年10月3日、道外や海外から道立高校へ受験や転校を希望する生徒・保護者向けの情報を公表した。保護者の転勤などによる道立高校の受験・転校のほか、道外からの推薦入学者選抜による道立高校への出願について紹介している。

教育・受験 中学生
 北海道教育委員会は2019年10月3日、道外や海外から道立高校へ受験や転校を希望する生徒・保護者向けの情報を公表した。保護者の転勤などによる道立高校の受験・転校のほか、道外からの推薦入学者選抜による道立高校への出願について紹介している。

 保護者の転勤などによって、道外・海外から道立高校へ受験する場合、出願の受付期間は2020年1月21日~2月28日、学力検査日は3月4日、合格発表は3月17日に実施する。ただし、4月7日までに道内で保護者と生徒が確実に居住できる場合に限る。

 そのほか、道外からの推薦入学者選抜による道立高校への出願を受け入れる。受入れ人数は、推薦による入学者の範囲の5%程度とする。対象校(全日制)は、普通科2校と農業に関する学科15校、水産に関する学科3校、総合学科2校の全22校。

 道外からの推薦入学者選抜日程は、出願の受付期間が2020年1月21日~1月24日、面接などの実施が2月13日、合格内定者の通知が2月20日、合格内定者の合格発表が3月17日。合格内定とならなかった場合の再出願の受付期間が2月21日~2月26日、学力検査・面接が3月4日、合格発表が3月17日。

 なお、一般入学者選抜実施要項における出願変更後の道内からの出願者数が募集人員を満たしておらず、かつ、推薦要項における出願者数が推薦標準枠に達していない場合は、道内の出願者に影響が出ない範囲で、合格内定者数が推薦標準枠に達するまで受け入れることができる。また、一般入学者選抜実施要項の再出願において各学科における道内からの出願者数が募集人員を満たしていない場合は、5%を超えて受け入れることができる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)