チームラボの水に入るミュージアム、3/1より桜の演出

 裸足になって超巨大な作品の中に身体ごと没入していく、水に入るミュージアム「チームラボプラネッツTOKYO DMM」は2020年3月1日から4月30日、ミュージアム内の2作品が期間限定でアート空間が桜に変化する。

趣味・娯楽 その他
Floating in the Falling Universe of Flowers
  • Floating in the Falling Universe of Flowers
  • 人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity
  • 人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity
 裸足になって巨大な作品の中に身体ごと没入していく、水に入るミュージアム「チームラボプラネッツTOKYO DMM」は2020年3月1日から4月30日、ミュージアム内の2作品が期間限定でアート空間が桜に変化する。

 チームラボプラネッツは、アートコレクティブ・チームラボによる、超巨大な4つの作品空間を中心とした、合計7つの作品による「水に入るミュージアム」。

 期間中、時間と共に刻々と変化しながら花々が咲き渡り、生命の宇宙が空間に広がる作品「Floating in the Falling Universe of Flowers」では、桜の演出になり、自分のスマートフォンで蝶を選択し投げ込むと、生命の宇宙に蝶が舞う体験もできる。

 さらに、来場者が裸足になって水の中を歩く作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング-Infinity」では、無限に広がる水面に鯉が泳ぎ、鯉は人々にぶつかると、桜に変化し散って行く演出が楽しめる。

 作品はコンピュータープログラムによってリアルタイムで描かれ続けており、あらかじめ記録された映像を再生しているわけではないため、一度見た瞬間の絵は二度と見ることができない。

 チームラボプラネッツの2・3・4月のチケット価格は、小人(4歳から12歳)800円、中学生・高校生2,000円、大学生・専門学生2,500円、大人(18歳以上)3,200円、シニア(65歳以上)2,400円。障害者は1,600円。

 チケットは、チームラボプラネッツTOKYOチケットストアまたは施設に常設の券売機、プレイガイド(ローチケ、セブンチケット)で購入できる。開館時間などイベントの詳細はWebサイトにて確認できる。

◆チームラボプラネッツTOKYO DMM「桜の演出」
会期:2020年3月1日(日)~4月30日(木)
所在地:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
営業時間(2・3・4月):
月曜~木曜10:00~19:00、金曜10:00~21:00、土・祝前日9:00~21:00、日・祝日9:00~19:00
※最終入館は閉館の30分前
※2020年3月20日(金)~2020年4月4日(土)は特別延長期間の為9:00~21:00
※4月5日(日)は9:00~19:00
休館日:2020年2月13日(木)・3月12日(木)・4月6日(月)・4月14日(火)・4月15日(水)
チケット価格(2・3・4月入場エントランスパス):
・小人(4歳~12歳)800円
・中学生・高校生2,000円
・大学生・専門学生2,500円
・大人(18歳以上)3,200円
・シニア(65歳以上)2,400円
・障害者1,600円
チケット購入方法:チームラボプラネッツTOKYOチケットストアまたは施設に常設の券売機、プレイガイド(ローチケ、セブンチケット)で購入する

《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)