【高校受験2020】埼玉県公立高入試<国語>講評…読解と記述重視がより強く

 令和2年2月28日(金)、令和2年度(2020年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜が実施された。リセマムでは、スクール21の協力を得て、学力検査「国語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

教育・受験 中学生
2020年度(令和2年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜<国語>講評
  • 2020年度(令和2年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜<国語>講評
 令和2年2月28日(金)、令和2年度(2020年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜が実施された。全日制の入学許可予定者数3万6,880人に対し4万1,393人が志願し、志願確定倍率は1.12倍だった。リセマムでは、スクール21の協力を得て、学力検査「国語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

<国語>講評(スクール21 提供)



 全体の難易度は例年並みでしたが、配点が一部変更となり、読解と記述の重視がより強まりました。

大問1 文学的文章


 昨年と比べ、文章は若干長くなりましたが、内容は読みとりやすかったでしょう。設問は記述問題で記述量が増え、なおかつ取り組みにくく、難易度は高くなりました。

大問2 知識分野


 基本的な問題が多かったです。但し、日頃なじみのない国語の常識(手紙の書き方)が問われました。戸惑った受検生が多かったかもしれません。

大問3 説明的文章


 文章自体は抽象的で難しかったかもしれません。記述問題では、文章中に指定語句があったので、文章の中に見つけることができれば、答えるのは決して難しくなかったでしょう。

大問4 古文


 文章自体は例年よりも短かったのですが、構成がやや難しく、とらえづらいものでした。そのため設問によっては、苦戦した受検生が多かったと思います。

大問5 条件作文


 配点が今年は16点から12点へと変わりました。この4点を大問1で1点、大問2で2点、大問3で1点と分け合いました。

 課題の難易度は例年並みでしたが、指定文字数が、これまでの13行以上15行以内から、11行以上13行以内へと変更になりました。(1行は15文字)

 段落構成も2段落と指定され、各段落も書くべき内容が決められましたので、書きやすく感じた受検生は多かったと思います。

--
 このレポートは令和2年2月28日(金)に速報としてスクール21により作成されたもの。

協力:スクール21
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)