【大学受験2020】信州大学で採点ミス、新たに4人追加合格

 信州大学は2020年5月28日、2020年度一般入試(後期日程)における採点ミスがあり、4人を追加合格にしたと発表した。3月12日に実施した試験の理科「化学」の設問で、信州大学の正答以外の別解があることが判明した。

教育・受験 高校生
信州大学
  • 信州大学
  • 採点ミスの内容
 信州大学は2020年5月28日、2020年度一般入試(後期日程)における採点ミスがあり、4人を追加合格にしたと発表した。3月12日に実施した試験の理科「化学」の設問で、信州大学の正答以外の別解があることが判明した。

 今回の採点ミスは、5月22日午後に予備校からメールにて、信州大学Webサイトで公表している正答以外に、別解が考えられる旨の質問が届いたことがきっかけとなり判明。メール受信後、問題作成関係者で検討し、質問のあった3つの別解も正答であったことが確認された。

 当初の正答に加え3つの別解も正答として再度採点を行ったうえで、合否判定を実施。その結果、当初不合格となっていた者のうち4名が合格者となった。現在、合格者には電話連絡し、入学意志を確認中とのこと。

 信州大学は、問題作成から採点までのそれぞれの段階において点検を行うとともに、「問題点検の際、正答例を含めて徹底した点検を行う」「採点段階で十分な確認を行う」「外部による試験実施後の点検を導入する」の3点の強化を図り、再発防止に努めるとしている。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)