【高校受験2021】宮城県公立高、1万5,200人募集…出題範囲の変更も検討

 宮城県教育委員会は2020年7月2日、2021年度(令和3年度)公立高等学校入学者選抜について発表。新型コロナウイルスに伴い臨時休校が続いたことから、学力検査の出題範囲の変更も検討するとした。

教育・受験 中学生
令和3年度入試制度関係
  • 令和3年度入試制度関係
  • 募集定員
  • 実施する検査
 宮城県教育委員会は2020年7月2日、2021年度(令和3年度)公立高等学校入学者選抜について発表。新型コロナウイルスに伴い臨時休校が続いたことから、学力検査の出題範囲の変更も検討するとした。

 2021年度公立高等学校入学者選抜の募集定員は、全日制課程が前年度(2020年度)比80人減の1万4,200人、定時制課程が前年度比増減なしの1,000人。第1次募集・連携型選抜は2021年3月4日に本試験、3月10日に追試験、3月16日に合格発表を実施。第2次募集は、3月22日に検査、3月22日もしくは23日に合格発表を実施する。

 学力検査の出題範囲や調査書の取扱いなどの配慮事項については、中学校、高等学校およびPTAなどの関係者から情報収集して現状を把握し、入学者選抜審議会での審議なども踏まえ、検討結果を7月中に公表する予定。なお、配慮事項などの検討は、地域の感染状況なども踏まえながら8月以降も継続することとし、内容などに変更が生じる場合には、改めて公表することとしている。

 入試情報は、宮城県教育庁高校教育課Webサイトにて公開。各高校の求める生徒像・選抜方法も一覧で掲載している。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)