【高校受験2020】都内私立高、入学者数は過去10年間で最少

 東京都は2020年8月5日、2020年度(令和2年度)の都内私立高等学校(全日制)の入学状況を公表した。総入学者数は、過去10年間でもっとも少ない5万7,875人。全体の約4割を占める併設中学校からの進学者数も過去10年間で最少の2万2,140人であった。

教育・受験 中学生
2020年度 募集人員・応募者数・合格者数などの状況
  • 2020年度 募集人員・応募者数・合格者数などの状況
  • 2020年度都内私立高等学校(全日制)入学状況
  • 都内私立高等学校(全日制)入学者数の推移(過去10年間)
  • 併設中学校からの進学者数の推移(過去10年間)
 東京都は2020年8月5日、2020年度(令和2年度)の都内私立高等学校(全日制)の入学状況を公表した。総入学者数は、過去10年間でもっとも少ない5万7,875人。全体の約4割を占める併設中学校からの進学者数も過去10年間で最少の2万2,140人であった。

 2020年度は、非募集校47校を除く184校で3万8,241人を募集。推薦入試・一般生入試あわせて10万1,233人が応募した。併設中学からの進学者を含めた総入学者数は、前年度比733人減の5万7,875人。このうち、公募分入学者数は3万5,735人、併設中学からの進学者数は2万2,140人。公募分入学者数のうち、推薦入試による入学者数は1万7,696人、一般1次による入学者は1万7,915人、一般2次による入学者は124人。

 入学者の内訳をみると、併設中学校からの進学者数2万2,140人がもっとも多く、入学者全体の38.3%を占めた。このほか、推薦入試による入学者数1万7,696人(30.6%)、一般1次入試による入学者数1万7,915人(31.0%)、一般2次入試による入学者数124人(0.2%)。

 過去10年間の推移をみると、都内私立高等学校(全日制)入学者数、併設中学校からの進学者数はともにこの10年間でもっとも少なかった。

 学科別の入学者数は、普通科が5万5,802人、専門学科が2,073人。実質競争倍率(合格者数に対する応募者数の割合)は、普通科の推薦入試が1.16倍と、前年度より0.02ポイント上昇。専門学科の推薦入試は1.02倍と、前年度より0.01ポイント下がった。普通科の一般1次入試は前年度と同じ1.44倍。専門学科の一般1次は前年度より0.02ポイント増の1.29倍。辞退率は、推薦入試が普通科18.72%、専門学科12.50%、一般1次が普通科66.30%、専門学科64.70%だった。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)