ラリージャパン参戦を目指す学生たち、中日本自動車短期大学の挑戦

中日本自動車短期大学(NAC)は、2021年の世界ラリー選手権(WRC)への出場を目標とした、学生主体の新プロジェクト「NACラリーチャレンジ」を始動した。

教育・受験 大学生
NACラリーチャレンジ
  • NACラリーチャレンジ
  • NACラリーチャレンジ
  • NACラリーチャレンジ
  • NACラリーチャレンジ
  • NACラリーチャレンジ
  • NACラリーチャレンジ
  • NACラリーチャレンジ
中日本自動車短期大学(NAC)は、2021年の世界ラリー選手権(WRC)への出場を目標とした、学生主体の新プロジェクト「NACラリーチャレンジ」を始動した。

岐阜県坂祝町にある中日本自動車短期大学は、1967年に設立した日本最大級の自動車整備士養成大学。1級、2級自動車整備士の資格取得だけでなく、2009年に設置した「モータースポーツエンジニアリング学科」では、プロのレーシングチームが求める高度なメカニック技術の取得を目指し、メカニックやドライバーとして様々なレースに参戦している。

新プロジェクト「NACラリーチャレンジ」は、教育活動の一環として、モータースポーツの中でも特にチームワークが必要とされる競技であるラリーを通じ、学生達のメカニックとしての技術だけでなく、企画推進力、目標管理、自己管理能力を養うことを目指していく。

NACラリーチャレンジでは全学生を対象に希望者を募り、国内ラリー車両製作、メカニックトレーニングを経て、TRDラリーカップへ参戦。さらに2021年3月からはWRC参戦車両の製作を開始。4月の新入生からも追加スタッフを募集し、10月のWRCラリージャパン参戦を目指す。

ラリージャパン参戦を目指す学生たち、中日本自動車短期大学の挑戦がスタート

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)