厚切りジェイソン「CO2ゼロ」アイデア考える10/17オンライン開催

 熊本県は、CO2ゼロに向けたアイデアを募集する「くまもとCO2ゼロびっくりアイデアコンテスト」を開催する。募集開始日の2020年10月17日は、全国から参加できるオンラインイベント「厚切りジェイソンとびっくりアイデア考えてみる!」を行う。アイデア募集は11月30日まで。

教育・受験 小学生
 熊本県は、CO2ゼロに向けたアイデアを募集する「くまもとCO2ゼロびっくりアイデアコンテスト」を開催する。募集開始日の2020年10月17日は、全国から参加できるオンラインイベント「厚切りジェイソンとびっくりアイデア考えてみる!」を行う。アイデア募集は11月30日まで。

 熊本県は、地球温暖化によるリスクを低減し、持続可能な未来を実現していくため、将来の目指すべき姿として「2050年熊本県内CO2排出実質ゼロ」を宣言。コンテストでは未来を守るため、CO2を減らすアイデアを県内外から募集する。募集部門は2つ。家や学校、まちなどでだれもが楽しく取り組んでCO2排出を減らすことができるアイデア「みんなでできること部門」。さらに、「こんなことができたらいいね!」「こんなものがあったらいいね!」と思う夢のようなびっくりアイデアの「いいね!チャレンジ部門」。

 アイデアをイラストや文章で表現する。絵の具、クレヨン、色えんぴつなど、描く際の画材は自由。スマートフォンやパソコンを使った図やイラスト、文章のみも受け付ける。Webサイトから応募用紙をダウンロードし、アイデア、必要事項を記入。くまもとCO2ゼロびっくりアイデアコンテスト事務局に郵送する。結果は1月下旬に特設サイトで発表する。最優秀賞は、賞金10万円のほか水田オーナー参加権(玄米20kg付き)。募集期間は10月17日~11月30日。

 また、アイデアコンテストの特別審査員を務めるタレントでIT企業役員の厚切りジェイソンを迎えたオンラインイベント「厚切りジェイソンとびっくりアイデア考えてみる!」を10月17日開催する。「CO2ゼロ」ってどういうこと?アイデアってどんなことを考えればいいの?など、厚切りジェイソンがわかりやすく解説する。

 イベントは、発言できる参加型のオンラインイベントでZoomを利用する。参加する際は、ニックネームでの参加も可能。先着300組(県内外問わず、1人でもグループでも参加可能)。Webサイトから申し込む。締切りは10月15日午後5時まで。参加費は無料。

◆くまもとCO2ゼロびっくりアイデアコンテスト
募集期間:2020年10月17日(土)~11月30日(月)
応募資格:県内外問わず、グループでも参加可能
応募方法:特設サイトから応募用紙をダウンロードし、事務局まで郵送する

◆オンラインイベント「厚切りジェイソンとびっくりアイデア考えてみる!」
日時:2020年10月17日(土)14:00~15:00
参加方法:Zoomを利用
定員:300組(県内外問わず、1人でもグループでも参加可能)
申込方法:特設サイトの申込フォームから申し込む
申込締切:2020年10月15日(木)17:00
参加費:無料
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)