東京の子育て支援を考える「子育て協働フォーラム」12/13

 子育て応援とうきょう会議は2020年12月13日、企業、NPO団体、自治体などが相互に連携を深め、協働による子育て支援の取組みを行うため「子育て協働フォーラム」を東京ウィメンズプラザで開催する。申込みは12月4日まで。応募多数の場合は先着順。

生活・健康 中学生
 子育て応援とうきょう会議は2020年12月13日、企業、NPO団体、自治体などが相互に連携を深め、協働による子育て支援の取組みを行うため「子育て協働フォーラム」を東京ウィメンズプラザで開催する。申込みは12月4日まで。応募多数の場合は先着順。

 子育て応援とうきょう会議とは、さまざまな分野の機関・団体・学識経験者が連携し、社会全体ですべての子どもと子育て家庭を支援することのできる東京の実現に寄与することを目的に、2007年10月に設置された団体。

 「子育て協働フォーラム」のメインプログラムは、中学生・高校生の参加者が東京の子育て支援について考え、意見を発表する子どもシンポジウム「ティーンズ・アクションTOKYO 2020」だ。

 東京学芸大学准教授の小森伸一氏を座長に、「子どもと都政をつなぐイベントの企画」「親子でお出かけしたくなるまちづくり」「家庭生活と仕事の両立を実現できる社会」「グローバル時代における言語や文化の理解」「放課後の過ごし方」の5つのテーマについて、中学生・高校生の参加者が、グループ活動の成果を発表する。

 また、教育改革実践家で元リクルート社フェロー・杉並区立和田中学校元校長である藤原和博氏が「つなげよう!地域社会 子どもたちの未来を拓くために」と題し、講演を実施する。

 さらに、子どもシンポジウムでの発表を踏まえ、どのように協働して、子育てを応援する社会の実現を目指すかを考える「グループワーク」を実施する。

 参加希望者は12月4日までに、Webサイトの応募フォームに必要事項を入力のうえ、申し込むこと。応募多数の場合は先着順となる。

◆子育て協働フォーラム
日時:2020年12月13日(日)10:00~16:00
会場:東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
対象:協働会員(企業、NPO、区市町村など)、子育て支援に関心のある企業・団体の人、そのほか参加を希望する人
締切:2020年12月4日(金)※応募多数の場合は先着順
参加費:無料
申込方法:Webサイトにて申し込む
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)