【クレーム対応Q&A】子どもをあだ名で呼ばないで

 保護者や地域からのクレームに先生はどのように対応するのが良いだろうか?クラス担任として豊富な経験がある鈴木邦明氏に、学校へ寄せられるさまざまなクレームに対応する際のポイントを聞いた。第11回は「子どもをあだ名で呼ばないでほしい」。

教育・受験 小学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 学校に寄せられるさまざまなクレーム。保護者や地域からのクレームに先生はどのように対応するのが良いだろうか?クラス担任として豊富な経験がある鈴木邦明氏に、学校へ寄せられるさまざまなクレームに対応する際のポイントを聞いた。第11回は「子どもをあだ名で呼ばないでほしい」。

あだ名には、良い面もあれば、悪い面もある


 最近、あだ名に関することが話題になっています。私は、あだ名を呼ぶこと自体には良い面もあれば、悪い面もあると感じています。良い面としては、あだ名(ニックネーム)などを呼ぶことで、人と人との距離が近くなるという効果などがあります。アメリカなどでは、自己紹介の時に自ら”Please call me,〇〇!”と言うことがあります。私(鈴木邦明)の場合、”Please call me, KUNI”という感じになります。Mr.SuzukiよりもKUNIと呼んでもらった方が親しく関わることができそうに感じます。

リシードで全文を読む
《鈴木邦明》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)