【大学入学共通テスト2021】(1日目1/16)国語の問題分析、SNSは「妖怪」の話題

 2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト(以下、共通テスト)1日目が1月16日に行われている。

教育・受験 高校生
【大学入学共通テスト2021】(1日目1/16)国語の問題分析、SNSは「妖怪」の話題
  • 【大学入学共通テスト2021】(1日目1/16)国語の問題分析、SNSは「妖怪」の話題
 2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト(以下、共通テスト)1日目が1月16日に行われている。1日目には、地理歴史(世界史A/世界史B/日本史A/日本史B/地理A/地理B)、公民(現代社会/倫理/政治・経済/倫理、政治・経済)、国語、外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語:筆記/英語:リスニング)の試験が実施される。

 午後1時から2時20分まで実施された国語について、データネット(ベネッセ・駿台)は「漢文で複数テキストの出題。現代文で生徒が作成したノートの空欄を埋める設問が出た」、東進は「マーク数は38と、昨年より増加」としている。

 国語の出題については、終了直後から話題になることも多いが、第1問「近代以降の文章」で香川雅信「江戸の妖怪革命」が出題されたことからSNSでは「妖怪の話出てきて楽しかった」「アマビエを意識したのか妖怪」など「妖怪」に関する話題が多くみられる。

 データネット(ベネッセ・駿台)、東進のほか、河合塾、データネット(ベネッセ・駿台)、代々木ゼミナールなども問題分析を行っている。

大学入学共通テスト2021 特集
大学受験 特集
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top