【大学入学共通テスト2021】(2日目1/17)理科1の難易度<4予備校・速報>評価分かれる

 共通テスト2日目に実施された理科1(物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎)について、東進、データネット(ベネッセ・駿台)、河合塾、代々木ゼミナールが分析した科目別難易度をまとめる。

教育・受験 高校生
【大学入学共通テスト2021】(2日目1/17)理科1の難易度<4予備校・速報>評価分かれる
  • 【大学入学共通テスト2021】(2日目1/17)理科1の難易度<4予備校・速報>評価分かれる
  • 【大学入学共通テスト2021】(2日目1/17)理科1の難易度<4予備校・速報>評価分かれる
 2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト(以下、共通テスト)2日目の1月17日に実施された理科1(物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎)について、東進、データネット(ベネッセ・駿台)、河合塾、代々木ゼミナールが分析した科目別難易度をまとめる。

 難易度はいずれも昨年の大学入試センター試験との比較で示されており、表では難化は赤、易化は青に色分けした。詳細については、各予備校のWebサイトを参照していただきたい。

 なお、記事作成時に難易度が掲載されていない科目は空欄とした。今後、予備校のWebサイトで追加・修正される可能性があるが、リセマムでは1月17日午後3時時点の情報に基づいて掲載する。

 物理基礎は、代々木ゼミナールは「難化」、他はすべて「やや難化」。化学基礎は、東進と代々木ゼミナールは「やや難化」、河合塾は「昨年並み」、データネットは「易化」。生物基礎は、データネットと代々木ゼミナールは「難化」、河合塾は「やや難化」、東進は「昨年並み」。地学基礎は、東進は「難化」、河合塾は「昨年並み」、データネットと代々木ゼミナールは「やや易化」とした。


 化学基礎と地学基礎では評価が大きく異っている。今夜発表される予想平均点に注目したい。

 ベネッセ・駿台(データネット)と河合塾は、すべての試験が終了する1月17日夜に予想平均点を発表する予定だ。

大学入学共通テスト2021 特集
大学受験 特集
《田村麻里子》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top