実践教育イベント「SEITOKU夏期保育大学」8/21

 聖徳大学・聖徳大学短期大学部は2021年8月21日に「第54回SEITOKU夏期保育大学」を開催する。保育士や幼稚園教諭、保育に関心のある人を対象としたイベント。今回は絵本作家の鈴木のりたけ氏による講演や、現場で役立つテーマの分科会を実施する。

教育イベント 大学生
 聖徳大学・聖徳大学短期大学部は2021年8月21日に「第54回SEITOKU夏期保育大学」を開催する。保育士や幼稚園教諭、保育に関心のある人を対象としたイベント。今回は絵本作家の鈴木のりたけ氏による講演や、現場で役立つテーマの分科会を実施する。

 「保育の聖徳」として、保育・幼児教育分野で実績を誇る聖徳大学・聖徳大学短期大学部では、現場の保育士・幼稚園教諭、または保育に関心のある人を対象に、毎年「SEITOKU夏期保育大学」を開催している。

 54回目は「子どもの可能性をひろげる環境を創る」を総合テーマとして開催する。全体会では、絵本作家の鈴木のりたけ氏が「おもしろがると 世界が ひろがる」と題して講演。分科会では、保育や幼児教育の現場で役立つ10のテーマで研修を行う。

◆第54回SEITOKU夏期保育大学
日時:2021年8月21日(土)10:30~16:15
場所:聖徳大学(松戸駅下車東口徒歩5分)
料金:一般 5,000円、同大卒業生 4,000円、同大在学生2,500円
定員:600人
申込方法:受講申込書をFAX送信または郵送する
8月14日(土)必着(定員になり次第、締め切り)
スケジュール:開講式 10:30~
全体会 10:50~12:10
 講演:「おもしろがると 世界が ひろがる」
 講師:鈴木 のりたけ 氏(絵本作家)
分科会 13:30~16:15
 1.【要領・指針の示す課題】遊びを創り出す魅力のある環境を考える
 2.【0・1・2歳児と遊び】未来を見据えた乳児保育の可能性~将来の子どもたちに必要な力とは~
 3.【メディア環境と子ども】幼児期の情報機器の活用を考える~直接体験を生かすための工夫~
 4.【気になる子と環境】「気になる子」理解とみんなの心~''みんな違ってみんないい''の実践~
 5.【子どもの環境とアート】紙ねんど つくって、置いて、みせる世界の探究 
 6.【音楽を楽しむ】毎日が楽しくなる皆んなのリズムあそび
 7.【絵本の魅力】絵本で世界を広げよう~子どもの心をくすぐる絵本とは?~
 8.【好奇心・探究心を育てる】わくわく どきどき 自然体験~好奇心・探究心を育む環境~
 9.【発達と心理】子どものやる気を育む環境~心理学の観点から再考し、深める~
 10.【子育てを支える】保護者のこころをグッとつかむ~話が聴ける保育者になるためには~
《安田萌香》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top